水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > 石木ダム事業認定取消訴訟 控訴審

石木ダム事業認定取消訴訟 控訴審

石木ダム事業認定取消訴訟 控訴審

控訴審

控訴日        2018年7月23日
控訴状提出裁判所   福岡高等裁判所
控訴人        106名
担当部  福岡高等裁判所 第4民事部  裁判官:西井和徒,上村考由,佐伯良子

原告側が福岡高等裁判所に提出した書類

控訴状
控訴理由書1 利水
控訴理由書 2 治水
  別紙1B-C算定結果(石木ダ厶事業)治水(治水のみ)
  別紙2 石木ダムの費用便益の計算の問題点2
控訴理由書3 権利

 

第1回口頭弁論

期日        2018年12月19日 10時
法廷        福岡高等裁判所 1002法廷

内容

控訴人意見陳述

石丸 勇 控訴人 意見陳述(石丸勇)
遠藤保男 控訴人 意見陳述と付属別紙1~3(遠藤保男)

別紙1は「新規水源開発が必要」と判断するうえでの手順」
別紙2は「水需要予測は石木ダムありきの数字合わせ」
別紙3は「もはや石木ダムはペイしない」

代理人意見陳述

高橋謙一 弁護士 意見陳述 (高橋謙一弁護士)
田篭亮博 弁護士 意見陳述(田篭亮博弁護士)
馬奈木昭夫 弁護士 意見陳述(馬奈木昭雄弁護士)

提出書類

控訴人

控訴審第1準備書面(他ダムとの比較) 控訴審第2準備書面(費用便益費)
控訴審第2準備書面(費用便益費)

被告

取消訴訟控訴審答弁書

マスコミ報道

石木ダム訴訟の控訴審始まる 地権者らが陳述:朝日新聞デジタル

当日の報告

第2回口頭弁論

期日  2019年3月11日 14時
法廷  福岡高等裁判所 1002法廷

内容

代理人準備書面口頭説明

高橋謙一 弁護士 j3利水要旨 高橋弁護士
平山博一 援護し j4治水要旨 平山弁護士

提出書類

控訴人側

控訴審J3(利水)
控訴審J4(治水)
控訴審J5(再評価)
控訴審J6(水道料金)

被控訴人側

被控訴人J1利水
被控訴人J2治水

次回:7月3日(水)午後2時~ 福岡高等裁判所

 宿題

控訴人側 今回被控訴人側から提出された準備書面1と2、今後提出される下記書面を踏まえての反論を6月26日までに提出
被控訴人側 5月31日までに今回控訴人側が提出した準備書面3~6に対する認否反論、および、求釈明対応を提出。

マスコミ報道

20190311-12 新聞報道   長崎新聞社

当日の報告

 

 

↑ このページの先頭へ戻る