水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > ラオス メコン川のダム着工 (朝日新聞 2012年12月7日) 

ニュース

ラオス メコン川のダム着工 (朝日新聞 2012年12月7日) 

2012年12月9日
カテゴリー:

カンボジア、ベトナムにも関係するメコン川のダム問題です。

ラオス メコン川のダム着工 (朝日新聞 2012年12月7日)  http://www.asahi.com/business/topics/asiaeye/TKY201212070140.html

ラオス北部のメコン川で11月から、サイヤブリ水力発電ダムの建設が始まった。出力126万キロワット、総工費約3千億円、工事期間8年の大規模プロジェクトだ。
メコン川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流域に持つ国際河川で、下流域には約6千万人が暮らしている。
流れを変える同ダムの建設に対しては、環境や農業、漁業資源に悪影響を与えるとして、下流域のカンボジアやベトナムから批判が噴出。関係国でつくる「メコン川委員会」などの場で、もっとも影響が大きいベトナムなどが工事の先送りを求め、建設計画は延期されていた。
ラオスが今回、反対を押し切る形で着工した背景には、めぼしい産業に乏しく、東南アジア諸国に比べて経済発展が遅れている現実がある。
メコン川の豊富な水力で発電する「東南アジアのバッテリー」となって、周辺国にも電力を供給。売電事業で外貨を獲得しようというのがラオスのもくろみだ。サイヤブリダムの電気は、隣国のタイ発電公社が購入する予定で、すでに覚書を交わしている。
メコン川の開発に関しては、ラオスだけでなく、中国も下流国の批判にかかわらず、多くのダム建設を続ける。
自国の利益を優先する姿勢が目に付き、各国共通の資源として東南アジアの大河を利用する構想は、なかなかまとまらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る