水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 八ッ場ダムの情報 > 八ッ場ダム裁判・東京控訴審の高裁判決(2013年3月30日)

八ッ場ダムの情報

八ッ場ダム裁判・東京控訴審の高裁判決(2013年3月30日)

2013年4月1日
カテゴリー:
3月29日、八ッ場ダム訴訟東京裁判の控訴審の判決がありました。まことに残念ながら、住民側の敗訴でした。
 大竹たかし裁判長は訟務検事(国を被告とする裁判の国側代理人)を3年間務めた裁判官ですから、もともと厳しい裁判なのですが、それにしても、その判決文はひどい内容で、住民側の詳細なデータに基づく科学的な実証の中身を何ら吟味することがなく、住民側の主張を退けました。
 例えば、東京都水道の需要は減少の一途を辿ってきていて、過去20年間に2割以上も減っているにもかかわらず、東京都水道局は将来は逆に2割以上増えるという無茶苦茶な予測を行っています。ところが、判決では、その無茶苦茶な予測を「直ちに合理性を欠くとは認められない」という表現で容認してしまいました。

弁護団と控訴人団は抗議声明を発表しました。東京高裁判決への抗議声明20130329

朝日新聞群馬版が下記の通り詳しく報じています。

(著作権の関係で削除しました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑ このページの先頭へ戻る