水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ八ッ場ダムの情報 > 国交省関東地方整備局が利根川・江戸川河川整備計画を策定(2013年5月15日)

ニュース

国交省関東地方整備局が利根川・江戸川河川整備計画を策定(2013年5月15日)

2013年5月16日
カテゴリー:

5月15日、国交省関東地方整備局は利根川・江戸川河川整備計画を策定しました。

関東地方整備局のHP http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000084.html をご覧ください。
関東地方整備局は4月24日に計画(案)を公表し、関係都県知事の意見を聴きましたが、早くも知事からの意見がそろったということで、計画策定を発表しました。
関係都県知事は関係区市町村長の意見を聴いたうえで、関東地方整備局に対して意見を述べることになっていましたので、多少の日数を要すると思っていたのですが、予想以上に早い動きです。
5月13日に提出した利根川流域市民委員会の抗議文に書かれているように、問題だらけ、欠陥だらけの利根川河川整備計画の策定です。
しかし、これで終わりということではありません。私たちは、本来あるべき利根川河川整備計画の市民案を提案して、計画の見直しを求めていきます。


「八ツ場ダム建設」、国が整備計画を策定
(朝日新聞群馬版 2013年5月15日)http://www.asahi.com/area/gunma/articles/MTW20130516100580001.html

国土交通省関東地方整備局は15日、八ツ場ダム建設を含む「利根川・江戸川河川整備計画」を策定した。検討開始から民主党政権の八ツ場ダム中止宣言と撤回を挟み6年半。県や長野原町は「当然」と受け止め、見直し派の学者らは「暴挙」と反発した。
整備計画は1月公表の原案、4月公表の案と同様、「洪水調節や水道用水などを目的に八ツ場ダムを建設」と明記。洪水の基準地点である伊勢崎市八斗島の目標流量も、毎秒1万7千トンを踏襲した。目標流量は、ダム見直し派が「過大」と批判していた。
整備局は15日、朝日新聞の取材に「公聴会や関係都県の意見などの手続きを踏まえた策定。八ツ場ダムについても早期の本体着工に向けた取り組みを進めたい」と答えた。
整備局は2006年12月に有識者会議で検討を始めたが、09年の民主党への政権交代などで中断。再開された昨年9月以降の7回の会合では、主に八ツ場ダムをめぐるスタンスで委員が対立した。
河川整備計画は、民主党政権が八ツ場ダム本体着工の条件としたものの、自公政権は「条件ではない」としている。国の基本計画上のダム完成は15年度だが、まだ着工されていない。
県や町は、整備計画はもちろん、ダム本体の早期着工を求めてきた。「策定自体は歓迎。下流の治水が進まないことには、上流の治水が進まない。計画にある事業を急いでほしい」。15日、策定の知らせを受け、県幹部は話した。
一方、有識者会議の委員を務めた関良基・拓殖大学准教授は「整備局からは『策定した』とメールと電話があっただけ。何の疑問にも答えていない。『流域住民のため』という河川法に反する暴挙」と憤った。(小林誠一、伊藤弘毅)

八ツ場、南摩ダム整備 計画に盛り込む(下野新聞2013年5月16日 朝刊) http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130515/1044886

国土交通省関東地方整備局は15日、利根川と江戸川の治水や環境保全などの方針を示した「利根川・江戸川河川整備計画」を策定し、群馬県の八ツ場ダム整備を盛り込んだ。
70~80年に一度の大雨でも洪水被害が出ないようにするためとしている。同ダムに反対する住民らは、1月に示された同計画原案に対し反対の意見を寄せていたが、大筋で変更はされなかった。
八ツ場ダムについては、本県も整備費10億4千万円を負担している。鹿沼市の思川開発事業(南摩ダム)も同様の理由で、計画内に位置付けられた。整備期間の目標は、今後30年と定められた。
大雨時の最大流量については、群馬県伊勢崎市八斗島地点で、1秒当たり1万7千立方メートルと設定。両ダムの建設などで、同1万4千立方メートル程度に低下させることができ、洪水被害の防止や軽減が図れるとした。
一方、八ツ場ダム建設に反対する市民団体などは「(最大流量は)科学的根拠が希薄で過大な設定。強引に八ツ場ダムを計画に位置づけようとしている」と批判している。
同計画では河川環境の保全策として、2012年にラムサール条約湿地に登録された渡良瀬遊水地について、湿地の再生などに努める方針も盛り込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る