水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 報道 > 2018年度直轄ダム水機構ダムの予算案

ニュース

2018年度直轄ダム水機構ダムの予算案

2017年12月23日
カテゴリー:

12月22日に2018年度予算案が閣議決定されました。

それに伴い、2018年度の直轄ダム・水機構ダムの予算案も決まり、国土交通省のHPに掲載されました。

http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/yosan/gaiyou/yosan/h30/draft_h30.pdf

2018年度直轄ダム水資源機構ダムの予算案のとおりです。

八ッ場ダムは何と435億円の予算案になっています。

そして、今年6月に策定された「ダム再生ビジョン」に基づき、雨竜川ダム(北海道)、矢作ダム(愛知県)、早明浦ダム(高知県)の再生事業も実施計画調査の予算が盛り込まれました。

http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo05_hh_000038.html

ダム再生ビジョン策定後、初の新規ダム再生3事業採択へ
~都道府県の計画策定も支援し、ダム再生の推進を強化~

補助ダムの予算は箇所付けがきまってから公表されますので、来年4月初めになると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る