水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > 霞ヶ浦導水事業の工期延長と事業費増額

ニュース

霞ヶ浦導水事業の工期延長と事業費増額

2020年11月27日
カテゴリー:

11月19日の関東地方整備局の事業評価監視委員会において霞ヶ浦導水事業の再評価が議題になり、工期の大幅延長と事業費の大幅増額がきまりました。

関東地方整備局のHP https://www.ktr.mlit.go.jp/shihon/shihon00000036.html

霞ヶ浦導水事業の再評価が二つ掲載されています。

資料2-➀ https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000790058.pdf

資料2-② https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000790059.pdf

資料2-➀の22ページを見ると、霞ヶ浦導水事業の工期が2023年度から2030年度へと、7年延長され。

14ページを見ると、事業費が1900億円から2395億円へと、495億円も増額されました。

霞ヶ浦導水事業は茨城県を流れる那珂川と霞ケ浦を結ぶ導水路、霞ケ浦と利根川を結ぶ導水路を建設する事業で、首都圏の水源開発と、霞ケ浦の浄化等を目的にしています。

しかし、この事業によって那珂川の漁業が大きな打撃を受けるため、那珂川の漁協が裁判で、事業の中止を求めてきました。

2018年4月末に東京高等裁判所で和解となり、事業継続となりましたが、和解の内容は漁業への影響がないようにすることが前提になっており、事業の先行きは不透明です。

霞ヶ浦導水事業の問題点と同事業に対する運動の経過は、和解当時にまとめた報告 霞ヶ浦導水事業の和解成立2018年4月

をお読みいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る