水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 各地ダムの情報

ニュース

各地ダムの情報

辰巳ダム完成式 総事業費240億円 水害防止願う

2012年11月5日
カテゴリー:

辰巳ダム完成式 総事業費240億円 水害防止願う(中日新聞北陸版 2012年11月5日)

http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2012110502000169.html

  石川県が、金沢市の犀川上流に建設した辰巳ダムの完成式が四日現地であった。氾濫防止や流量の調節など治水が目的で、谷本正憲知事や地元の住民ら約三百人が水害の未然防止を願った。建設反対運動への対応や周辺住民らとの調整などもあり、予備調査を始めた一九七四(昭和四十九)年度から三十八年を費やした。

 ダムは同市相合谷町と上辰巳町に位置する。堤の高さ四十七メートル、幅百九十五メートルで総貯水量は約六百万立方メートル。二〇〇八年三月からダム本体工事に着手し、総事業費約二百四十億円。上流の犀川ダム、犀川支流の内川ダムと連携して洪水を防ぎ、流量が少ない時も下流で一定量を確保するよう調節する狙いがある。今年六月八日に運用を始めていたが、関連施設など周辺整備も完成し、この日式典を開いた。

 ダム完成に伴い、県は来年梅雨時までに、浅野川中流で犀川へ分流する放水路の水量を毎秒百五十立方メートルから二百五十立方メートルに増やし、浅野川下流の負担を減らす。〇八年七月に浅野川で起きた大規模氾濫の再発防止を図るのが目的だ。

 辰巳ダムをめぐっては、建設反対派の市民らが国に事業認定取り消しを求める訴訟が金沢地裁で争われている。 (室木泰彦)

猿川ダム、県中止へ(2012年11月03日)

2012年11月3日
カテゴリー:

猿川ダム、県中止へ(朝日新聞佐賀版 2012年11月03日)
http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001211020002

県は2日、有田川の治水・利水対策のために計画していた県営猿川ダム(有田町)建設を含む総合開発事業を中止する方針を表明した。同日、有識者による県公共事業評価監視委員会(委員長=荒牧軍治・佐賀大学名誉教授)が中止を答申したのを受けた。
猿川ダムは、有田川下流の洪水被害軽減や生活用水の確保を目的に1992年、河川改修とともに総事業費94億円で計画。水質調査などで6億1千万円を投入しているが、工事には取りかかっていない。
だが、少子高齢化が進むなど社会情勢が変わり、利水の必要性が薄れた。
さらに、治水対策としてダムを建設した場合と河川改修だけをした場合の費用の試算を比較。ダム建設だと104億円かかり、河川改修の101億円を上回ったため、ダム建設の費用対効果が小さいと判断した。流域の有田町や伊万里市も「必要性は低い」との意見を県に出している。
こうした状況から、この日の委員会で、県自らが「中止が妥当」と説明。委員会も「ダムを建設する合理性がなく、県の意見が妥当」として了承した。
河川砂防課の山崎日出男課長は「今後、国に報告する手続きをとり、最終的な中止が正式に決まる。有田川の治水対策は新たに河川改修を検討したい」と話した。

 

有田町の猿川ダム、建設計画中止(佐賀新聞 2012年11月03日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2321536.article.html

佐賀県は2日、国のダム再検証の対象となっていた県営猿川ダム(西松浦郡有田町)の建設計画を中止する方針を固めた。主な目的だった水道・工業用水供給の必要性がなくなり8年間凍結していた事業で、治水目的だけで建設しても費用対効果は見込めないと判断した。
事業中止は、同日に開かれた知事の諮問機関・県公共事業評価監視委員会(荒牧軍治委員長)で了承された。
委員会では「治水対策は河川改修が経済的で合理的」などの意見が出ており、治水については河道掘削や堤防のかさ上げなどダム以外の代替案を検討していく。今後、国土交通省に報告して正式決定する。
ダム建設は県営有田川総合開発事業(総事業費94億円)として、利水と治水を目的に1992年、予備調査に着手。
当初は日量3千トンの水供給を見込んでいたが、不況で企業の需要が減り、2005年から予算計上を見送っていた。10年には政権交代によるダム再検証の対象になった。
県によると、県営ダム計画で予備調査後に中止となったのは初めて。これまで投じた費用は地質や流量などの調査費6億1千万円で、国が半分を補助している。
有田町建設課は「当面、利水の必要性はなかったが、町としては事業凍結のままを望んでいた。将来、企業誘致などが進めば、あらためてダムを考えてほしい」としている。

平取ダム事業 知事は異存なし(NHK2012年10月29日 21時02分

2012年11月1日
カテゴリー:

平取ダム事業 知事は異存なし(NHK2012年10月29日 21時02分)http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20121029/3099411_20121029210249_e5b9b3e58f96e38380e383a0e4ba8be6a5ad20e79fa5e4ba8be381afe795b0e5ad98e381aae38197.html

国のダム事業見直しの対象になっている日高の平取町の平取ダムの必要性について、北海道開発局から意見を求められていた高橋知事は29日づけで「ダムによる治水対策を妥当とする開発局の方針に異存はない」とする回答を送りました。
平取ダムは、沙流川の支流、額平川に国が建設を予定していましたが、ダム事業見直しのため着工が凍結されています。
この平取ダムをめぐっては、早期の建設を求める意見の一方、建設予定地にアイヌ民族が信仰の対象としてきた場所があることなどから反対意見もありますが、
北海道開発局では、地元住民などを対象にした公聴会なども開いたうえで「ダムによる治水対策が妥当だ」とする方針をまとめ、高橋知事に対し意見を求めていました。
これに対し高橋知事は、29日づけで「環境保全やアイヌ文化の保存などに十分な配慮を願う」とした上で「開発局の方針に異存はない」とする回答を送りました。
開発局では、今後速やかに有識者などからなる第三者委員会を開催し、最終的にダム事業継続の是非について報告書を策定した上で、国土交通省に提出することにしています。

立野ダム建設の場合、希少動植物42種に影響の恐れ(読売新聞熊本版 2012年10月31日 )

2012年11月1日
カテゴリー:
立野ダム建設の場合、希少動植物42種に影響の恐れ (読売新聞熊本版 2012年10月31日 )
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/20121031-OYS1T00423.htm
国の再検証対象である立野ダム(南阿蘇村、大津町)を建設した場合、予定地で希少な動植物計42種類が消失するか、生育環境に変化を及ぼす可能性のあることが、九州地方整備局の調査で分かった。
 九地整は最大限の保全対策を取るとしている。九地整の事業評価監視委員会は、治水効果などを含め総合的に「建設は妥当」との判断を示したが、環境団体などは反発している。
 調査は1975~2009年度にかけて、建設予定地周辺と熊本市までの白川流域で実施。九地整は、29日に開かれた監視委で結果を報告した。
 それによると、調査では種の保存法で絶滅の恐れがあると定めたり、県のレッドデータブックに掲載したりしている希少な動物107種と、植物67種を確認。
 このうち、哺乳類1種、陸産貝類15種、植物26種の計42種について、「生息地域が消失するか、生育状況が変化する可能性がある」と判断した。
 42種以外の動植物については、「消失することはない」「生息環境は変わらない」などとしている。
 個体名については「荒らされたりする可能性があり、公表できない」という。
 九地整河川計画課は、▽新たなねぐらを整備する▽適切な場所に個体を移動する――などの環境保全対策を実施する方針で、「出来る限りの対策をとり、影響を最小限にとどめたい」としている。
一方、調査結果については環境団体からは危惧する声が相次いだ。
日本自然保護協会(東京)の志村智子・保護プロジェクト部長は「(予定地で)それだけの動植物が消失すれば、その生命に支えられた周囲の生態系にも影響が出る。失うものは大きく、生息地を奪わずにすむ方法を考えるべきだ」と指摘。
熊本市の市民団体「立野ダムによらない自然と生活を守る会」の中島康代表も「自然は元には戻らない。回復するとしても、100年単位の時間が必要だろう。世論の関心を高め、現地にある貴重な自然を守っていきたい」と話していた。

↑ このページの先頭へ戻る