水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > 国内ダムリスト > ダムマップと最新状況 > 大戸川ダム

国内ダムリスト

大戸川ダム

状況:中止を求めた運動が闘われている。2005年、近畿地方整備局が事実上中止の方針を出す。2008年、河川整備計画(案)で復活

淀川水系ダム群

淀川水系には大戸川ダム・天ヶ瀬ダム再開発・川上ダム・丹生ダムと4つのダム計画があります。

これらのダム計画については、近畿地方整備局が「淀川水系河川整備計画策定中は事業を新たな段階に進めない」と約束したことから、現在は工事が停止しています。

淀川水系河川整備計画策定は近畿地方整備局の管轄で、2001年2月1日に近畿地方整備局が淀川水系流域委員会を設置しました。

設置当初の同委員会は1997年の河川法改正の精神を具現すべくツールとして近畿地方整備局は位置づけていました。そしてまた、その精神にのっとった運営が行われました。

委員の公募、事務局を第3者機関に委託、委員間および委員と河川管理者との相互討論、委員間の仕事の割り振り、委員会による自主運営、傍聴者の発言許可など極めて先進的な運営が行われました。

同委員会は2002年5月9日には中間答申として

などを揚げています。

2003年1月には

大戸川ダムの最新ニュース

↑ このページの先頭へ戻る