水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > 国内ダムリスト > ダムマップと最新状況 > 石木ダム > 石木ダム訴訟・申立 資料集

国内ダムリスト

石木ダム訴訟・申立 資料集

選択 

事業認定取消訴訟
執行停止申立 
 工事差止仮処分申立 
工事差止訴訟 第2次通行妨害禁止仮処分申立
第1回口頭弁論
2016/4/25 
第1回審尋 2016/5/16 提訴 2017/3/6 第1回審尋
2016/12/28

第2回口頭弁論
2016/7/19

第2回審尋 2016/7/19  第一回口頭弁論
7月10日(月)16時~佐世保支部
第2回審尋
2017/1/24

第3回口頭弁論
2016/10/31

第3回審尋 2016/9/8  第3回審尋
2017/3/6

第4回口頭弁論
2017/1/16

決定 2016/12/20  第4回審尋 2017/4/24 14:30

第5回口頭弁論
2017/3/6

第五回審尋
6月19日(月)14時~終結予定

執行停止申立 決定
2017/3/30

第6回口頭弁論
2017/5/22 14:00

第7回口頭弁論
2017/7/31 14:00

 第1回審尋報告 2016/5/16 提訴報告    妨害禁止 3回目報告
 第2回審尋報告 2016/7/19
 第3回審尋報告 2016/9/8
 決定 2016/12/20

 

石木ダム事業認定取消訴訟・執行停止申立

第1回口頭弁論 2016年4月25日

原告側提出書類

訴状・申立書

石木ダム事業認定取消し訴訟 訴状(除 原告名簿)
執行停止申立書

証拠説明書

証拠説明書(A1乃至35)
証拠説明書(C1乃至4)-1
証拠説明書(D1及び2)
証拠説明書(甲B1乃至8) 

意見陳述書

意見陳述(岩下和雄原告)
意見陳述(松本好央原告)
意見陳述(平山弁護士)
意見陳述(鍋島弁護士)
意見陳述(馬奈木弁護士)

被告側提出書類

答弁書

石木ダム事業認定取消し訴訟 訴状への被告答弁書(個人情報削除)
国意見書(執行停止)

証拠説明書

国証拠説明書(取消訴訟乙A1~35,乙B1,乙C1~5)

第1回口頭弁論報告

マスコミ報道

第2回口頭弁論 2016年7月19日

原告側提出書類

準備書面

準備書面1(利水)掲載用
  水需要の変遷-J1(利水書面添付版(改訂版)
         水源の変遷-J1(利水書面)添付版
取消訴訟J1骨子

準備書面2(治水)掲載用
  別紙1 流量計算表
  別紙2乃至4 掲載用
取消訴訟J2骨子

証拠説明書

証拠説明書(A6乃至35)
証拠説明書(B9乃至19)

証拠説明書(C5乃至12)
証拠説明書(D1及び2)

第2回口頭弁論報告

第3回口頭弁論 2016年10月31日

原告側提出書類

準備書面

準備書面4(利水)
      16.10.31-取消訴訟J4要旨

準備書面5(治水)
      16.10.31-取消訴訟J5骨子

証拠説明書

証拠説明書(D1及び2)

被告側提出書類

準備書面

被告第1準備書面
被告第2準備書面 

証拠説明書

証拠説明書(乙B2~15)
証拠説明書(乙C6~15)

第3回口頭弁論報告

第4回口頭弁論  2016年12月20日

原告側提出書類

12月22日裁判所現地視察関係資料

個人情報を含むので掲載控えます。

被告側提出書類

準備書面

被告第3準備書面 利水
被告第4準備書面 治水

証拠説明書

証拠説明書(乙B16~25) 利水

第4回口頭弁論報告

第5回口頭弁論 2017年3月6日

原告提出書類

準備書面等

準備書面6 利水
H19年度 取水状況(提出版)
利水書面6(利水)要旨
準備書面7(治 水)
利水書面7(治水)要旨

証拠説明書

証拠説明書(C22乃至 24 )

第5回口頭弁論報告

執行停止申立 決定 2017年3月30日

執行停止申立事件決定書( 申立人目録削除)

報告 石木ダム事業認定執行停止申立、却下!?

マスコミ報道

長崎新聞

 

第6回口頭弁論 2017年5月22日

原告提出書面

意見陳述等

5月22日 意見陳述 原告 炭谷猛
5月22日 弁論・利水(八木大和弁護士) 
5月22日 弁論・ 治水(平山博久弁護士) 
5月22日弁論・弁護団長(馬奈木昭雄弁護士)

被告提出書面

意見陳述

20170522被告国意見陳述

準備書面

被告第5準備書面(利水)
被告第6準備書面(治水)

準備書面に付属した書証

乙B26〜30(利水)
乙C16 治水 原始河道など

第6回口頭弁論報告

第7回口頭弁論 2017年7月31日

 原告提出書面

弁論 提出書面要旨説明

利水 (高橋謙一弁護士)
準備書面8(利水) 要旨HP掲載用
治水 (田篭亮博弁護士)
準備書面9(治水)要旨HP掲載用

準備書面

  準備書面8(利水)HP掲載用
準備書面9(治水書面)HP掲載用

証拠説明書

  証拠説明書(甲B20~25)
証拠説明書(甲C25)

利水面の説明

佐世保市の水需要予測と石木ダム依存予定水量の変遷

石木ダムに佐世保市の水源60,000m³/日確保を法的に決定したのは1975年の川棚川全体計画です。
当時の記録では、佐世保市の保有水源は98,850m³/日とされていたが、全体計画では105,000m³/日とし(この頃、川棚川に15,000m³/日の許可水利権がついている。)、1985年には針尾の工業団地などが予定されているので、保有水源は6割増しの165,000m³/日が必要になると大風呂敷を広げ、60,000m³/日を石木ダムに依存する、というものでした。
悲劇はここから始まります。あてにした針尾の工業団地などは実現することなく、水需要は伸びることがなかったのです。

それからは水需要の低下が石木ダム計画にマイナス要因とならぬように、机上での数字合せに様々な工夫が始まりました。
先ずは、保有水源の一部を不安定水源として、「安定水源確保のため」が石木ダムに水源を依存する理由に追加されました。2000年度(平成12年度)のことです。当時の水源量105,500m³/日のうち、28,500m³/日を不安定水源扱いすることで、安定保有水源を77,000m³/日をとしました。2000年度予測ではその目標年度である2017年度には一日最大給水量は130,000m³/日になり、水源としては137,000m³/日が必要になるとし、安定水源とした77,000m³/日との差、60,000m³/日がやはり石木ダムに求める必要がある、としたのです。
更に水需要の落ち込みは深化した。2004年度の水需要予測ではその目標年度である2017年度の一日最大給水量は111,527m³/日になることが判明しましたが、必要保有水源量137,000m³/日についてはしばらく様子を見ることにしたようです。

それから3年、この事業が厚労省の補助事業であることから5年ごとの再評価が求められていた2007年度には、水需要量(一日最大強雨水量)が大きめに出るように、算出に用いる負荷率という係数を過去10年の最低値80.3%を用いて水需要予測をしました。しかし、その目標年度である2017年度の一日最大給水量は111,410m³/日、それをまかなう必要保有水源量は117,000m³/日にしかならなかったのです。安定水源としている77,000m³/日から見ると、60,000m³/日ではなく、40,000m³/日が不足することになります。仕方なく、2017年度の必要保有水源量は117,000m³/日、よって、石木ダムに依存する水源量40,000万m³/日、と全体計画等の計画を下方修正しました。
佐世保市にとっての悲劇(本来は経費削減という意味でよろこばしいことなのだが)は更に続きます。5年ごとの再評価年である2012年度の予測では、現実にはあり得ない理屈をこねて一日に実際に使用される水量予測値の上澄みを図ったのですがそれでも期待する数値(石木ダムに4万m³/日の水源確保の根拠)にはならず、過去最低の負荷率80.3%を用いてもその目標年である2024年度の1日最大給水量は105,461m³/日にしかなりません。この水量に必要な水源量をこれまで通りに実績値に近い利用量率95%(給水量から必要な水源量を算出する際の係数)を用いて必要水源量を算出すると111,002m³/日にしかならず、2007年度に変更した必要な水源量117,000m³/日に4,000m³/日も不足してしまうのです。これでは石木ダムに40,000m³/日依存、の根拠が失せてしまう。そこで計算に一工夫。水道施設設計指針・解説には「計画取水量は、計画一日最大給水量に10%程度の安全を見込んで決定することを標準とする。」を見つけて10%を採用、117,179m³/日になりました。
ところで水道施設設計指針・解説には、「特に、浄水場排水処理施設の処理水を着水井に戻し再利用する場合には、浄水場内での損失水量が少なくなることを勘案する」と解説に書かれているんです。そうすると利用量率の実績値は97%程度なので、必要水源水量は108,723m³/日になってしまい、117,000m³/日に及ばなくなってしまいます。そこで佐世保市は、「水道施設設計指針・解説に10%と書かれているから違法ではない」と言うしかないわけです。

以上が、石木ダム利水編は、「石木ダムありき」のでたらめ、のストーリー再現です。

下のグラフもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

↑ このページの先頭へ戻る