水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > 公共事業チェック議員の会「補助ダム事業の政策転換に関する緊急提言」提出

ニュース

公共事業チェック議員の会「補助ダム事業の政策転換に関する緊急提言」提出

2009年12月21日
カテゴリー:

「公共事業チェック議員の会」、前原国土交通大臣に「補助ダム事業の政策転換に関する緊急提言」提出
国交省、「新たな基準に沿った検証の対象とするダム事業を選定する考え方について」発表

2009年12月25日掲載

12月21日、「公共事業チェック議員の会」が前原国土交通大臣に「補助ダム事業の政策転換に関する緊急提言」を提出しました。

提言書(PDF 70KB)と、平成21年10月時点の「事業実施中の国土交通省所管ダム事業一覧【補助】(PDF 70KB)」をご覧ください。12月25日、「新たな基準に沿った検証の対象とするダム事業を選定する考え方について(PDF 197KB)」が発表されました。

路木ダム、内海ダム、浅川ダムは本体工事契約直前でしたが、駆込みダムということで別途あらためて判断する対象になりました。

本体着工して間もない当別ダムなどの凍結を「議員の会」も国交大臣に求めたのですが、「続行」になってしまいました。まだあきらめることなく、中止を求めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る