水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 各地ダムの情報辰巳ダムの情報 > 辰巳ダム運用始まる( 2012年6月9日)

ニュース

辰巳ダム運用始まる( 2012年6月9日)

2012年6月9日
カテゴリー:

辰巳ダム運用始まる(読売新聞石川版 2012年6月9日)http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20120608-OYT8T01217.htm

辰巳ダムの運用が8日、始まった。1月から実施した試験の結果、問題なしと判断された。
辰巳ダムは、通常は水をためずに川の流れを保ち、洪水時のみ貯水する治水専用のコンクリートダム。県が金沢市の犀川上流に建設した。
堤の高さは47メートル、長さは195メートルで、総貯水量は600万立方メートル。

犀川ダム、内川ダムと連用することで、100年に1度の大雨でも、金沢市中心部の犀川大橋基準点で、最大流量を毎秒1750立方メートルから同1230立方メートルの安全流量に減らすことが可能とされる。
今後、管理用道路など周辺環境の整備を行い、今秋に落成式を予定している。
総事業費は240億円。建設反対の市民らが金沢地裁で国に事業認定取り消しを求める行政訴訟を起こしており、現在も係争中だ。


犀川・辰巳ダム供用 金沢市 洪水調整の体制整う
(北國新聞 2012年6月8日)http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20120608002.htm

石川県は8日、辰巳ダム(金沢市)の供用を開始した。犀川上流にある同ダムは治水専
用で、犀川ダム、内川ダムとともに、犀川の洪水調整を行う体制が整った。
運用開始に合わせ、同市相合谷(あおだに)町の辰巳ダム管理棟では、ダム放流情報伝
達演習が行われ、職員が水位上昇を知らせるサイレンや貯水池内の監視カメラの動作を確 認し、緊急時に備えた。辰巳ダムは高さ約47メートル、堤頂長約195メートル、総貯水量は約600万トン。1975年に調査を始め、2008年に本体工事に着手した。事業費は240億円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る