水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 各地ダムの情報設楽ダムの情報 > 設楽ダム みんなで考えよう 豊橋で県民セミナー始まる(朝日新聞愛知版 2012年7月29日)

ニュース

設楽ダム みんなで考えよう 豊橋で県民セミナー始まる(朝日新聞愛知版 2012年7月29日)

2012年7月29日
カテゴリー:

設楽ダム みんなで考えよう(朝日新聞愛知版 2012年7月29日)http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001207300006

 ●豊橋で県民セミナー始まる

 政権交代後のダム事業見直しで検証対象になっている設楽ダム(設楽町)について、理解を深めるための連続講座「とよがわ流域県民セミナー」が28日、豊橋市で始まった。

その日は2人の専門家が流域の特徴や水の循環をテーマに講演し、質疑に応じた。

県の主催。賛否両派の関係者から意見を聞く場を設ける方針を示していた大村秀章知事が、冒頭で「セミナーを通じて設楽ダムに関心を持ってもらい、県民から広く意見を聞きたい」とあいさつした。

 地理学が専門の藤田佳久・愛知大名誉教授は設楽ダムが建設される豊川(とよがわ)の特徴について講演。「豊川の流域は地盤が固いため、降った雨がすぐに流れてしまううえ、蛇行する川の流れをまっすぐに直すことが出来ず、自然なままで残った」と話した。

続いて、蔵治光一郎・東大演習林生態水文学研究所長が「どんな対策をしても、水害や水不足は避けられないことをみんなが認め、人間の被害を最小限にとどめるための社会を作っていく必要がある」と指摘した。

豊橋で豊川流域県民セミナー ダムあり方など考える(読売新聞中部版 2012年7月29日)
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_kan/kan120729_4.htm

 設楽ダムに関する情報を県民に提供する連続公開講座「とよがわ流域県民セミナー」の第1回が28日、豊橋市の愛知大学で開かれ、2人の専門家が流域の総論的な解説を行った。

国による再検証の場とは別に、県が独自に情報を提供し、県民に理解を深めてもらう場として、大村秀章知事の発案で始まった。

この日は大村知事が出席し、「東三河は豊川の流域として発展してきた。この地域で水とどうつきあうかは重要な課題で、ダムのあり方についても考えてもらい、広く意見をいただきたい」と開講の意義を説明。

 セミナーでは藤田佳久・愛知大学名誉教授が豊川流域の歴史と地理学的な特性について講演。同セミナー運営委員の蔵治光一郎・東京大学准教授が集水域管理の考え方と健全な水循環の再生について解説した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る