水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 各地ダムの情報沙流川ダムの情報 > 猿川ダム、県中止へ(2012年11月03日)

ニュース

猿川ダム、県中止へ(2012年11月03日)

2012年11月3日
カテゴリー:

猿川ダム、県中止へ(朝日新聞佐賀版 2012年11月03日)
http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001211020002

県は2日、有田川の治水・利水対策のために計画していた県営猿川ダム(有田町)建設を含む総合開発事業を中止する方針を表明した。同日、有識者による県公共事業評価監視委員会(委員長=荒牧軍治・佐賀大学名誉教授)が中止を答申したのを受けた。
猿川ダムは、有田川下流の洪水被害軽減や生活用水の確保を目的に1992年、河川改修とともに総事業費94億円で計画。水質調査などで6億1千万円を投入しているが、工事には取りかかっていない。
だが、少子高齢化が進むなど社会情勢が変わり、利水の必要性が薄れた。
さらに、治水対策としてダムを建設した場合と河川改修だけをした場合の費用の試算を比較。ダム建設だと104億円かかり、河川改修の101億円を上回ったため、ダム建設の費用対効果が小さいと判断した。流域の有田町や伊万里市も「必要性は低い」との意見を県に出している。
こうした状況から、この日の委員会で、県自らが「中止が妥当」と説明。委員会も「ダムを建設する合理性がなく、県の意見が妥当」として了承した。
河川砂防課の山崎日出男課長は「今後、国に報告する手続きをとり、最終的な中止が正式に決まる。有田川の治水対策は新たに河川改修を検討したい」と話した。

 

有田町の猿川ダム、建設計画中止(佐賀新聞 2012年11月03日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2321536.article.html

佐賀県は2日、国のダム再検証の対象となっていた県営猿川ダム(西松浦郡有田町)の建設計画を中止する方針を固めた。主な目的だった水道・工業用水供給の必要性がなくなり8年間凍結していた事業で、治水目的だけで建設しても費用対効果は見込めないと判断した。
事業中止は、同日に開かれた知事の諮問機関・県公共事業評価監視委員会(荒牧軍治委員長)で了承された。
委員会では「治水対策は河川改修が経済的で合理的」などの意見が出ており、治水については河道掘削や堤防のかさ上げなどダム以外の代替案を検討していく。今後、国土交通省に報告して正式決定する。
ダム建設は県営有田川総合開発事業(総事業費94億円)として、利水と治水を目的に1992年、予備調査に着手。
当初は日量3千トンの水供給を見込んでいたが、不況で企業の需要が減り、2005年から予算計上を見送っていた。10年には政権交代によるダム再検証の対象になった。
県によると、県営ダム計画で予備調査後に中止となったのは初めて。これまで投じた費用は地質や流量などの調査費6億1千万円で、国が半分を補助している。
有田町建設課は「当面、利水の必要性はなかったが、町としては事業凍結のままを望んでいた。将来、企業誘致などが進めば、あらためてダムを考えてほしい」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る