水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > 利根川シンポジウム「ウナギが問う! 生物多様性から考える利根川水系整備計画」

ニュース

利根川シンポジウム「ウナギが問う! 生物多様性から考える利根川水系整備計画」

2012年12月11日
カテゴリー:

利根川シンポジウム「ウナギが問う! 生物多様性から考える利根川水系整備計画」

2013年1月19日(土) 13:30~16:30
全水道会館・4階 大会議室

今や絶滅危惧種に指定されようとしているニホンウナギ。 利根川ほかつて全国の1/3のウナギの漁獲を誇る川でした。河口から山あいまで、随所で採れる多様な生物を育む自然豊かな川でした。
ウナギに象徴される利根川の豊か な自然を取り戻すためには河川整備計画をどのように策定すべきでしょうか。
生物多様性の視点から利根川を考えるシンポジウムを開きます。是非、ご参加ください。

主催 は、利根川流域市民委員会、ラムサール・ネットワーク日本、水源開発問題全国連絡会 です。

詳しくは、利根川シンポチラシ(135kb)をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る