水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 川上ダムの情報 > 川上ダム:検証の公募委員決まる 14日、伊賀で初会合 /三重(毎日新聞三重版 2013年02月09日) 

ニュース

川上ダム:検証の公募委員決まる 14日、伊賀で初会合 /三重(毎日新聞三重版 2013年02月09日) 

2013年2月9日
カテゴリー:

川上ダム:検証の公募委員決まる 14日、伊賀で初会合 /三重(毎日新聞三重版  2013年02月09日) http://mainichi.jp/area/mie/news/20130209ddlk24010301000c.html

ダム事業見直しで本体未着工となっている川上ダム(伊賀市)についての市長諮問機関「川上ダムに関する検証・検討委員会」の公募委員5人が決まった。
4人の有識者らとともに14日午後3時半、ハイトピア伊賀で初会合を公開で実施する。
応募15人の中から岡本栄市長や部長級職員らが住民自治や環境問題、ダム問題などに関する識見を基準に人選した。検証委は、利水についての必要性を地元の立場から検証する。

◇17日に勉強会
また、住民団体「伊賀市民グループ『志』」は17日午後1時半、川上ダムの勉強会をハイトピア伊賀で開く。「検証委の議論を正しく理解するため、専門知識を分かりやすく解説したい」と参加を呼び掛けている。
講師は元淀川水系流域委副委員長で、河川の環境問題に詳しい川上聰(あきら)さん。ダムの役割や建設のメリット・デメリットなどを川上ダムの事業計画に沿って説明する。
定員60人で、資料代100円。申し込みは10日まで。同グループの新保満子さん(090・3895・3574)。【伝田賢史】
〔伊賀版〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る