水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ集会などのお知らせ・報告 > 4月3日 《連続公開講座 国土強靭化で日本はどうなる?》第二回 へご参加を

ニュース

4月3日 《連続公開講座 国土強靭化で日本はどうなる?》第二回 へご参加を

——連続公開講座 国土強靭化で日本はどうなる? (第2回)——
 バラマキで老朽化インフラの危険はなくならない!
先進自治体の実践に学ぶ「選択と集中」

昨今話題となっている「国土強靭化」を巡っては、「国土強靭化で災害に強い国土ができる」「国土強靭化による財政出動で景気が回復する」との議論があります。実際、安倍政権は、2012年度補正と2013年度予算を合わせ15カ月予算で合計105.7兆円の「切れ目ない財政出動」に努めるとしています。これらの考え方をどのように理解すればよいのか、公共事業改革市民会議では、「国土強靭化」論を検証するため、テーマごとに専門家を招いて公開講座を企画しております。

第2回は、笹子トンネル事故以前から老朽化インフラの問題を取り上げてきたジャーナリストの 相川俊英さんをお招きします。秦野市など先進自治体における老朽化対策のほか、国のすすめ ているメンテナンス計画の現状についてご報告いただき、持続可能な責任あるメンテナンスを実 現するために何が必要かを考えます。ぜひご参加下さい。

講師  相川俊英 (ジャーナリスト)

日時  2013年4月3日(水) 午後5時~6時 (質疑応答6時~7時)
場所  参議院議員会館 地下1階 B107 会議室
最寄り駅:永田町駅/国会議事堂前
午後4時40 分より会館ロビーで入館証を配布

チラシ 0403(連続公開講座 第二回) 220kb  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る