水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 山鳥坂ダムの情報 > 反対運動一本化、8団体「市民の会」設立 山鳥坂ダム(聞2013年04月01日)

ニュース

反対運動一本化、8団体「市民の会」設立 山鳥坂ダム(聞2013年04月01日)

2013年4月1日
カテゴリー:

反対運動一本化、8団体「市民の会」設立 山鳥坂ダム(愛媛新聞2013年04月01日) http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130401/news20130401520.html

【写真】「山鳥坂ダムはいらない市民の会」の設立集会で、同ダム計画の矛盾点を指摘する今本博健京都大名誉教授(右)=31日、大洲市東大洲

1月に事業再開が決まった愛媛県大洲市の山鳥坂ダム建設に反対する肱川漁協など8団体は31日、同市東大洲の市総合福祉センターで集会を開き、
肱川の水質改善や水害低減を目指す市民運動を一本化する「山鳥坂ダムはいらない市民の会」(代表・楠崎隆教肱川漁協組合長)を設立した。年2回程度、講演会や集会を開き、行政への要請活動をする。
8団体はほかに長浜町漁協、大和青海苔(のり)組合と、肱川・水と緑の会など五つの市民グループ。市民の会は個人加入が原則で年会費1000円。
31日の集会には約110人が参加。今本博健京都大名誉教授(河川工学)が講演で肱川の治水計画を分析し、山鳥坂ダムの治水効果の根拠となっている雨の降り方について「ダムの必要性が大きくなるような降雨実績を四つ選び出している。
四つとも小さな洪水だった」と疑問視した。

山鳥坂ダム:反対8団体、「市民の会」を結成??大洲 /愛媛(毎日新聞愛媛版 2013年04月01日 )http://mainichi.jp/area/ehime/news/20130401ddlk38010294000c.html

事業継続が決まった山鳥坂ダム(大洲市肱川町山鳥坂)に反対する肱川漁協など8団体は31日、大洲市総合福祉センターで集会を開き、「山鳥坂ダムはいらない市民の会」(楠崎隆教代表)を結成した。
会則は「清流肱川の復活を追求し、堤防中心の治水対策を求める」などとしている。集会には約100人が参加し、「肱川の治水目標流量を必要以上に高く設定し、その説明責任を怠り計画された」と工事の即時中止を求める決議を採択した。
淀川水系流域委員会委員長を務めた今本博健・元京大防災研究所長が基調講演し、「山鳥坂ダムの大洲治水への貢献度は10%以下。緊急性は認められない」などと指摘した。【渕脇直樹】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る