水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 立野ダムの情報 > 国土強靱化の名で巨費 「世界の阿蘇」壊すダム 熊本・立野ダム(2013年9月4日)

ニュース

国土強靱化の名で巨費 「世界の阿蘇」壊すダム 熊本・立野ダム(2013年9月4日)

2013年9月4日
カテゴリー:

アベノミクスで何が 現場に見る   国土強靱化の名で巨費 「世界の阿蘇」壊すダム 熊本・立野ダム
(しんぶん赤旗2013年9月4日) http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-04/2013090404_02_0.html

「アベノミクス」の名で大型公共事業をばらまく安倍自公政権の下、「阿蘇くじゅう国立公園」内で立野ダム(熊本県大津町、南阿蘇村)の建設が強引に進められようとしています。
洪水対策を理由にしていますが、市民からは「ダムよりも河川改修を」「世界の阿蘇に巨大ダムはいらない」との声があがっています。 (内野健太郎)
(写真)下流方向から見た立野ダム建設予定地=熊本県南阿蘇村
(写真)ダム建設反対の署名に応じる人たち=熊本市下通商店街
「『いまさらダムかい』の疑問が建設反対署名を集めていると寄せられます。ダムによる治水が時代遅れになる中のダム建設なんて逆行しています」
労組・民主団体でつくる「いのちとくらしを守るネットワークくまもと」の上田たかこ共同代表が語ります。
河川の改修怠る
立野ダムは、ダム建設ラッシュの一段落した1983年に事業を開始したものの、30年間、本体工事が着手されないままでした。「コンクリートから人へ」を掲げた2009年の民主党政権発足時に事業見直しとなりましたが、野田民主党政権の末期に「ダム継続」を決定、
「国土強靭(きょうじん)化」をうたう安倍自公政権は今年度、28億円の予算を計上し、14年度は37億9000万円を概算要求しています。
立野ダム計画は、火山活動でできた世界有数の大きなくぼ地(カルデラ)である阿蘇外輪山の切れ目の峡谷に巨大なコンクリート建造物を建設しようというものです。
「世界遺産登録や地球科学の重要な地域として世界ジオパーク認定をめざす熊本県にとってもイメージダウンは必至」と上田さん。建設予定地周辺は国立公園の特別保護地区。
完成後に水をためる「試験湛水(たんすい)」で国指定天然記念物「阿蘇北向谷原始林」の一部は枯死すると専門家が警告しています。観光資源となっているトロッコ列車の走る橋も水没予定地です。
環境への配慮もない“時代遅れ”のダム建設が動きだしたのは、阿蘇カルデラから熊本市内へと流れる白川が昨年7月の九州北部豪雨で氾濫したことでした。
「白川改修・立野ダム建設促進期成会」(会長=幸山政史・熊本市長)などが「スピード感を持って治水対策を」と国交省に迫ったのです。
日本共産党の松岡徹県議は「氾濫の原因は国・県が河川改修を怠ったことによるもの」と指摘します。「10年前につくっていた白川河川整備計画に沿って河川改修をしておれば防げた。
これまで立野ダム計画には421億円がつぎ込まれた。ダム計画が河川改修を遅らせ、災害を引き起こした」
「立野ダムで治水はできない」と語るのは、市民団体「立野ダムによらない自然と生活を守る会」の中島康代表です。「阿蘇カルデラの切れ目は最も地盤の弱いところ。建設予定地一帯は断層が集中し、溶岩が冷却した割れ目(柱状節理)だらけです。
工事では地盤の強度を高めるためセメントミルクを大規模に注入するとしていますが、それだけ岩盤が軟弱ということです。地滑りなどの危険がつきまといます」と語ります。
中島さんは続けます。「熊本市の洪水流量のうち立野ダムで洪水調整するのはわずか8%。ダム以外の代替案で十分対応可能です。
例えば、水田の保全。田んぼに水がため込めるように15センチあぜを高くすれば、立野ダムの有効貯水量と同じ容量ができます。河川改修、遊水地の整備、荒れた人工林の間伐などをこそ提案します」
中止求めて署名
「いのちネット」や「自然と生活を守る会」は、署名運動を展開。熊本県に国交省に中止を働きかけるよう要請しています。県負担だけでも県民1人当たり1万5000円にのぼるからです。
熊本県労連の楳本光男議長は、「ダム建設は費用が当初見込みよりどんどん膨らむ。当初想定の総事業費に匹敵する425億円がすでに使われ、総事業費は2倍の917億円を見込むようになった」と指摘。
「ダム建設は大手ゼネコンがもうかるだけで地域経済の活性化にならない」と「アベノミクス」を批判します。
日本共産党熊本県委員会は、立野ダム計画を中止し、河川改修や遊水地計画などを遅くとも5年以内に完了するよう提案してきました。
仁比聡平参院議員とともに国交省交渉も計画、参院選で躍進した力で「立野ダムはいらない」「アユが上り下りする豊かで安心安全の白川に」と全力をあげています。

“国土強靱化の名で巨費 「世界の阿蘇」壊すダム 熊本・立野ダム(2013年9月4日)” への2件のフィードバック

  1. Syouji hotta より:

    【セメント生産量とセメントミルクの危険性】

    熊本・立野ダム建設が進んでいる、問題点は下記2つ。
    ①【セメントで膨大な儲けを狙っている】
     全国のセメント生産量は55百万トン。安倍総理、麻生総理の
     地盤の山口県・福岡県はそれぞれ11百万トンと15百万トン
     合計26百万トンでこの2県で半分のセメントを生産している。
    **
     東日本大地震での復興がことのほか遅れ、セメントの需給が
     ダブつき反対活動の弱い熊本・立野ダム建設に繋がっている。
     ここは地盤が悪く、膨大なセメントミルクが消費され好都合。

    ➁【セメントミルクの使用は癌発生の六価クロムで汚染される】
      「セメントミルク クロム」(検索) の通り
     セメントミルクは元々地中にある安定無害の三価クロムを猛毒の
     六価クロムに変質させる。六価クロムはメッキに使う猛毒で発癌
     物質の代表選手です。
    *****
     【大きな声で云いたいこと】
      海岸防波堤工事・河岸璧工事・海底土木工事でセメントミルクを
     使用しても、桁違いの水量で希薄して全く問題ない。
      熊本・立野ダム付近は熊本県民の命の水の地下水水道の重要な
     取込口である。
      ここに膨大なセメントミルクを流し込む行為は、井戸水の中に
     し尿の濃縮水を流し込むのと全く同様です。

      水俣病の数千倍の公害発生で熊本県民の健康な体にボクシングの
     ボディブローのように致命的なダメージとなる可能性大である。
      市民の本気でのダム反対活動の期間はもうそんなに残っていない。
      県外人は熊本県民の健康より儲けを優先させている。
      熊本県庁・九州建設局も知っているが、やって見ないと分から
      ない工事といい加減な態度に徹して、保身を優先している。
       熊本の大学の環境学部の関係者も時の権力者を恐れダンマリに
      徹している。(水俣病の経験が生かされず同じミスの繰り返し)
                      以上

  2. Syouji hotta より:

    実録!!【進む熊本・立野ダム建設での熊本市民の人体実験に繋がるか?】
     【熊本市中心の流域住民、数十万人の命につながる地下水汚染の
      の可能性のあるダム建設工事は即刻ヤメテ欲しい。
      (猛毒発がん物質:六価クロム発生) 
                 ⇔ セメントミルクによる地盤強化工法】

    地盤改良  (執筆:建築技術支援協会 )

     熊本・立野ダム建設等の基礎地盤補強の工法は、建物の基礎を杭打ちで
    支持するか、地盤そのものの支持強度を改善するかの2通りに大別される。
    このうち後者の方法を一般に「地盤改良」と呼んでいる。

     この地盤改良には多種多様な工法がある。主なものは、土壌にセメント
    ミルク硬化剤を混ぜてかくはんし化学的に硬化促進を図る「固結工法」。
     近年、最も多く用いられているのは固結工法だ。

     固結工法には表層改良(浅層改良)と柱状改良(深層改良)の2種類の
    工法がある。
     柱状改良は良好地盤が深い場合に用いる。布基礎下に2m以内の間隔で
    500~800mm径のオーガーをかけセメントミルクを注入しながら
    かくはんし、地中に柱状の改良杭を構築する。深さは一般には地表から
    7m程度までとされている。
     この固結工法で注意しなければならないことは、腐植土層の改良である。
    腐植土は本質的に鉱物質でないため、セメントと化合しない。
     そのため、土壌の混じり具合を専門家とよく相談のうえ、十分な注意の
    下に施工しなければならない。また、地下水が多量にわき出る地層も、
    硬化剤の反応に悪影響を及ぼすので、適しているとはいえない。

     なお、近年クローズアップされてきた問題に、セメント成分による
    猛毒六価クロム土壌汚染がある。六価クロム対策型のセメント硬化剤も
    出回ってきたが、この点に関しても十分な管理の下に行う必要がある。
                     以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る