水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 槙尾川ダムの情報 > 槙尾川ダム:大阪府、業者に違約金 橋下前知事が中止決定(毎日新聞 2013年09月10日)

ニュース

槙尾川ダム:大阪府、業者に違約金 橋下前知事が中止決定(毎日新聞 2013年09月10日)

2013年9月10日
カテゴリー:

本体工事に着手した後、中止が決定した大阪府の槇尾川ダムについて大阪府はダム本体の工事業者に1億5000万円の違約金を支払うことになりました。
ダム本体工事費の総額は31億円ですから、中止決定により、1/20の支出で済んだことになります。

槙尾川ダム:大阪府、業者に違約金 橋下前知事が中止決定(毎日新聞 2013年09月10日) http://mainichi.jp/select/news/20130910k0000m010159000c.html

橋下徹・前大阪府知事(現大阪市長)が2年半前に中止を決定した槙尾川(まきおがわ)ダム(和泉市)の本体工事を巡り、府は建設業者に対し、契約解除に伴う違約金1億5000万円を支払う方針を決めた。25日開会の9月議会に関連議案を提出する。
同ダムは、府が事業主体の治水ダムで、2009年9月に一旦本体工事に着工した。
しかし、民主党政権の「脱ダム」方針を踏まえ、橋下氏が11年2月、「河川改修の方が安心・安全につながる」として、本体工事に着手したダムとしては全国でも異例の建設中止を決定。ゼネコンなど3社でつくる共同企業体(JV)と結んでいた工事契約(総額31億円)を解除した。
府は工事が行われた一部工区の工費8億5000万円を支払ったが、JVは12年8月、違約金の支払いを府に求め、第三者機関「府建設工事紛争審査会」に調停を申し立てた。審査会は今年8月、1億5000万円の支払いを求める和解勧告を出した。
府河川室は取材に「業者側に責任はなく、勧告に応じるのが妥当と判断した」と話している。【熊谷豪】

槙尾川ダム建設中止 橋下前知事が決定、業者に解決金支払い和解へ(産経新聞 2013年9月10日)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-00000524-san-soci
橋下徹・前大阪府知事(現大阪市長)が中止を決定した槙尾川(まきおがわ)ダム(大阪府和泉市)の建設工事をめぐり、工事の契約解除に伴う損害賠償を求めていた建設業者に対し、府は解決金1億5千万円を支払う方針を決めた。
25日開会の9月議会に関連議案を提出する。
槙尾川ダムは、府が平成21年5月に契約し、着工。しかし、橋下氏による治水対策の見直しに伴い、23年2月に建設中止を決定。業者と結んでいた総額約31億円の契約を解除した。
府はこのうち、すでに工事が行われた工費約8億5千万円を支払ったが、業者側は24年8月、契約解除に伴う損害賠償の支払いを求め、第三者機関「府建設工事紛争審査会」に調停を申し立てた。審査会は今年8月、府に1億5千万円の支払いを求める和解勧告を出していた。
府河川室は「業者側に落ち度はなく一方的な契約解除。勧告に応じるのが妥当と判断した」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る