水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > 日本の水政策のキーパーソン  沖 大幹 氏 講演会 「水危機 ほんとうの話」(7月26日)

ニュース

日本の水政策のキーパーソン  沖 大幹 氏 講演会 「水危機 ほんとうの話」(7月26日)

2014年6月1日
カテゴリー:

2014年7月26日(土) 13:30~16:00
全水道会館 4F 大会議室  へ是非どうぞ!

今後は気候変動が激しくなり、渇水も大洪水も増えてしまう。だからダムやスーパー堤防が必要‥ ほんとうでしょうか?
海外では砂漠化が進行し、水不足が深刻化すると言われていますが、日本でもそうなのでしょうか?

沖大幹教授は水文学の第一人者であり、国交省の数々の審議会の座長や委員を務めてこられました。
まずは日本の水の実態や、水政策の方向性についてじっくりお話を伺います。
続けて、水源開発問題全国連絡会共同代表である嶋津暉之さんが質問をして、さらに問題点を掘り下げます。
参加いただいた皆さんから質問する時間も持ちます。

まもなく縮小社会に入り、財政再建が急務とされる日本ですが、一方で、アベノミクスによる公共事業への投資がふくれあがっています。
水行政・河川行政も例外ではありません。
共に水に関する正しい情報と的確な考察をそれらの根拠 として位置付けたいものです。

重要な岐路における重要な議論、ぜひお見逃しなく!

沖大幹氏のプロフィール、全水道会館案内図等を掲載したチラシをご活用下さい。

沖大幹氏講演会チラシカット付 pdf 438kb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る