水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > 国交省の『水災害分野における気候変動適応策のあり方』に対する意見

ニュース

国交省の『水災害分野における気候変動適応策のあり方』に対する意見

2015年7月3日
カテゴリー:
国交省が6 月3 日(水)~ 7 月2 日(木)の期間で『水災害分野における気候変動適応策のあり方』に関する意見募集を行いました。
社会資本整備審議会河川分科会「気候変動に適応した治水対策検討小委員会」は、平成25年12月に諮問があった後、10回の審議を行った上で、今年2月に「中間とりまとめ」を公表しました。
この「中間とりまとめ」についてのパブリックコメントでした。
中間とりまとめ http://www.mlit.go.jp/common/001091553.pdf は総花的で、今一つ具体性がないようです。
それはともかく、国民の意見をぶつける必要がありますので、私(嶋津)も意見を提出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る