水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > キャンペーン > 鬼怒川決壊に学ぶ 本当に安全な堤防とは  江戸川防災研究会のお知らせ

ニュース

鬼怒川決壊に学ぶ 本当に安全な堤防とは  江戸川防災研究会のお知らせ

2016年3月10日
カテゴリー:

江戸川防災研究会による学習会のお知らせを掲載します。

第三回江戸川防災勉強会

◆日時:4月9日(土)13:30~15:45

◆会場:タワーホール船堀2F「福寿」 (都営地下鉄新宿線「船堀」駅北口すぐ)

元建設省土木研究所次長からの提言  「鬼怒川決壊に学ぶ」  本当に安全な堤防とは

<基調講演> 「越水しても決壊しない耐越水堤防へ」

講師:石崎勝義さん(元建設省土木研究所次長)

石崎勝義さんのプロフィール/元建設省土木研究所次長・長崎大学環境科学部元教授・工学博士。 常総市議会水害検証特別委員会にて「越水しても決壊しない堤防を造ってこなかったのは行政の 責任」と指摘。すでに技術が確立している、堤防の人家側を遮水シートで覆う強化法について提 言しました。鬼怒川決壊を受け、技術者としての責任を果たそうと活動しています。

<報告> 「裁判から見えてきたスーパー堤防の真実」

嶋津暉之さん (水源開発問題全国連絡会共同代表))

小島延夫さん (弁護士)

資料代 500円 主催  江戸川防災勉強会 お問合せ・お申込み 03-5607-5975

キャプチャ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る