水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ > ダムがあるために避難の時間が失われた(野村ダムと鹿野川ダム)

事務局からのお知らせ

ダムがあるために避難の時間が失われた(野村ダムと鹿野川ダム)

2018年7月13日
カテゴリー:

今回の記録的な豪雨では、愛媛県・肱川の国土交通省の野村ダム、鹿野川ダムの放流がダム下流域の被害を大きく拡大しました。
そのことに関して、次のように、ダムがなければ、もっと大きな被害が出ていたというダム擁護論が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑ このページの先頭へ戻る