水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 報道川辺川ダムの情報 > 「国管理の4河川で氾濫 球磨川、過去最高水位の1.4倍」という朝日新聞の記事

ニュース

「国管理の4河川で氾濫 球磨川、過去最高水位の1.4倍」という朝日新聞の記事

2020年7月10日
カテゴリー:

「国管理の4河川で氾濫 球磨川、過去最高水位の1.4倍」という朝日新聞の記事をお送りします。

今回の集中豪雨で河川水位が異常に上昇したことはわかりますが、この記事の球磨川の数字は疑問があります。

「人吉市中心部の球磨川の水位は、4日午前5時50分には、超えると堤防が危険な状態になる計画高水位(4・07メートル)に到達。午前9時50分に最高の7・25メートルに達した。」と書かれています。

しかし、そもそも国土交通省の人吉観測所の水位観測は午前7時30分までで、あとは観測停止になっていますので、午前9時50分の水位の数字はわかりません。

近い観測所の観測値から推定するとしても、すぐ上流の一武観測所、下流の渡観測所も同時刻に観測停止ですので、球磨川の人吉で合流する川辺川の柳瀬観測所の水位を見ると、午前7時30分が7.51mで、最高水位が9時10分の8.07mですから、7時30分からの上昇幅は0.56mです。

一方、人吉の午前7時30分の最終観測水位は5.07mですから、その後,柳瀬と同様に0.56m上昇したと仮定すると、5.63mです。この記事の7.25mより1.6mも低い値になります。

球磨川の堤防の余裕高は1.5mで、計画堤防高は計画高水位+1.5mですから、人吉の堤防高は概ね4.07+1.5=5.57mです。

したがって、この記事による最高水位は堤防高を約1.7mも超えたことになり、ありえない数字になっています。

また、この記事のタイトル「過去最高水位の1.4倍」もおかしな表現です。水位はどこを基準に取るかで変わる数字ですから、水位を倍数で評価すべきものではありません。

新聞記事で、ありえない高い水位の数字を示すことは看過できませんので、朝日新聞社に電話しておきました。

 

国管理の4河川で氾濫 球磨川、過去最高水位の1.4倍

(朝日新聞2020年7月9日 21時47分)https://digital.asahi.com/articles/ASN796T5RN79TIPE023.html?iref=pc_ss_date

(写真)大規模に浸水した福岡県久留米市の住宅街。奥は筑後川=2020年7月8日午前8時27分、朝日新聞社機から、長島一浩撮影

3~8日に九州を襲った集中豪雨で、球磨川(熊本)や筑後川(大分)など四つの一級河川で氾濫(はんらん)が発生していたことが、国土交通省九州地方整備局の調査で明らかになった。20の1級水系のうち10水系16河川で氾濫危険水位を超過するなど九州全域で被害が出ていた。熊本県人吉市では球磨川の水位が過去最高の1・4倍に達していた。

他に氾濫が発生したのは大分川と、遠賀川水系の彦山川(福岡)。県管理の河川も、九州全7県の計74河川で氾濫が起きていた。

大きな被害が出た人吉市中心部の球磨川の水位は、大雨特別警報発出1時間後の4日午前5時50分には、超えると堤防が危険な状態になる計画高水位(4・07メートル)に到達。午前9時50分に最高の7・25メートルに達した。

この水位は1965年の水害時に記録した観測史上最高(5・05メートル)の1・4倍にあたる。計画高水位よりも3メートル以上高く、球磨川の治水を目的にかつて計画された川辺川ダム(熊本県五木村)があれば低減できるとされた水位2・5メートルよりも高かった。

レーダー解析や雨量計による記録でも、65年や82年の水害を上回る大雨が、球磨川の流域全域で降ったことが判明したという。

九州大の小松利光名誉教授(河川工学)は「球磨川流域が満遍なく豪雨に見舞われ、水の集まる人吉盆地でとてつもない水位になった様子が明らかになった。原因となった線状降水帯も従来より規模が大きいように見え、温暖化の影響が増している可能性がある」と話す。(竹野内崇宏)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る