水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 報道 > 矢作川鵜の首地区の河川改修事業

ニュース

矢作川鵜の首地区の河川改修事業

2020年8月17日
カテゴリー:

愛知県の矢作川で川幅が急に狭くなり、「鵜の首」と呼ばれている箇所について川底を掘って深くしたり、川幅を広げたりする工事が今年度から始まるという記事を掲載します。

治水対策の基本の一つは、流下能力が特に低い箇所について川底を掘ったり、川幅を広げたり、堤防を高くしたりすることですが、その基本的なことがなかなか実施されません。

この矢作川の「鵜の首」の場合も2000年9月の東海豪雨の際にその上流で氾濫があったのですから、もっと早く工事にかかるべきです。

国土交通省の河川工事の優先順位はどうなっているのでしょうか。

矢作川鵜の首地区の河川改修事業については国土交通省豊川河川事務所が

「矢作川鵜の首地区水位低下対策事業」のパンフレット http://www.cbr.mlit.go.jp/toyohashi/oshirase/pdf/r0207yahagi-unokubi.pdf

を作成していますので、事業の内容についてはこのパンフレットをご覧ください。

  

愛知)ものづくり拠点・豊田を水害から守れ 矢作川改修

(朝日新聞愛知版 2020年8月15日 11時00分)https://digital.asahi.com/articles/ASN8G7K1TN8GOBJB00C.html?iref=pc_ss_date

(写真)矢作川の川幅が急に狭くなり、「鵜の首」と呼ばれている箇所=2020年7月29日午後1時17分、愛知県豊田市の野見山展望台から、小山裕一撮影

国土交通省中部地方整備局(名古屋市)は今年度から、愛知県豊田市を流れる矢作川のうち、市中心部近くの川幅の狭い箇所で川底を掘って深くしたり、川幅を広げたりする工事を始める。完了まで10年ほどを見込む。自動車を中心とした国内有数のものづくりの拠点が集積する市中心部を水害から守る狙いがある。

工事は豊田市中心部から南東に約3キロで、竜宮橋下流の「鵜(う)の首」と呼ばれる箇所。右岸側が小高い丘になっていて、川の流れが蛇行しているうえ、川幅が急激に狭くなっている。豊橋河川事務所によると、川幅が100メートルほどしかなく、他の箇所の半分もないという。

鵜の首のすぐ上流では2000年9月の東海豪雨の際に氾濫(はんらん)し、今の豊田スタジアムの南側などが水浸しになった。平成の大合併前の旧豊田市内で約1800ヘクタールが浸水し、家屋にも被害が出た。

工事では、鵜の首周辺から下流の約2キロにわたって川底を掘り、水位を約80センチ下げる。さらに、鵜の首右岸の小高い丘を約1キロにわたって削り、川幅を広げることで、さらに水位を60センチほど下げる効果があるという。鵜の首周辺の工事を含めた今年度の矢作川の河川改修費は約14億7千万円にのぼる。

鵜の首の南西約2キロにはトヨタ自動車本社工場があるなど、周辺には自動車関連企業が立地している。豊田市の「洪水ハザードマップ」では、矢作川が150年に1度程度の大雨で氾濫した場合、市役所や豊田スタジアム周辺など市中心部が被害を受ける可能性がある。

昨年10月の台風19号に伴う千曲川(長野県)の洪水のほか、7月の熊本豪雨では急流で知られる球磨川が氾濫・決壊するなど、国内では毎年のように大雨の被害が出ている。中部地整の担当者は「矢作川周辺は国内有数のものづくりの拠点で、氾濫被害から守るため、抜本的な対策に着手することにした」と話している。(小山裕一)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る