水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 報道山鳥坂ダムの情報 > ダム建設 疑問再燃 「山鳥坂」予定地変更 大洲 事業費膨張 工期も延長 安全性・効果 不安の声

ニュース

ダム建設 疑問再燃 「山鳥坂」予定地変更 大洲 事業費膨張 工期も延長 安全性・効果 不安の声

2022年1月5日
カテゴリー:

国土交通省が愛媛県大洲市の肱川支流・河辺川に建設する予定の山鳥坂(やまとさか)ダムの予定地が変わり、事業費が470億円も増額になりました。そして、工期が2026年度から2032年度に変わりました。

その記事を掲載します。

この記事に書かれているように、以前から山鳥坂ダムの建設には反対の声がありましたが、今回の建設地変更を機に、ダムの存在自体に疑問を呈す声が改めてあがっています。

この際、ダム建設事業を中止すべきです。

 

ダム建設 疑問再燃 「山鳥坂」予定地変更 大洲 事業費膨張 工期も延長 安全性・効果 不安の声

(愛媛新聞2021/12/29 10:34))https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%83%80%E3%83%A0%E5%BB%BA%E8%A8%AD-%E7%96%91%E5%95%8F%E5%86%8D%E7%87%83-%E5%B1%B1%E9%B3%A5%E5%9D%82-%E4%BA%88%E5%AE%9A%E5%9C%B0%E5%A4%89%E6%9B%B4-%E5%A4%A7%E6%B4%B2-%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%B2%BB%E8%86%A8%E5%BC%B5-%E5%B7%A5%E6%9C%9F%E3%82%82%E5%BB%B6%E9%95%B7-%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7-%E5%8A%B9%E6%9E%9C-%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%AE%E5%A3%B0/ar-AASdSAN?ocid=BingNewsSearch

国土交通省山鳥坂ダム工事事務所は20日、愛媛県大洲市の肱川支流・河辺川で進む同ダム建設事業について、建設予定地を約400メートル上流の位置に変更すると公表した。これまでの予定地周辺に大規模な地滑り対策が必要な岩盤があることが判明したためで、同事務所は、完成時期が当初予定の2026年度から32年度にずれ込み、総事業費も約470億円増の約1320億円になると見通す。以前から同ダム建設には反対の声があったが、今回の建設地変更を機に、ダムの存在自体に疑問を呈す声が改めてあがっている。

事務所によると、これまでの地盤調査で、建設予定地より上流の見の越地区(2カ所)と奥の山地区の計3カ所で、貯水位変動に対する地滑り対策が必要と確認。予定地の右岸側下流部の月野尾地区では、強度が不足する「ゆるみ岩盤」を確認していたが、掘削除去することでダム本体の施工は可能と推測していた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑ このページの先頭へ戻る