水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 各地ダムの情報成瀬ダムの情報 > 「成瀬ダム建設案が最も有効」 東北地方整備局、代替案比較で(秋田魁新報 2012年9月22日)

ニュース

「成瀬ダム建設案が最も有効」 東北地方整備局、代替案比較で(秋田魁新報 2012年9月22日)

2012年9月22日
カテゴリー:

「成瀬ダム建設案が最も有効」 東北地方整備局、代替案比較で  (秋田魁新報 2012年9月22日)

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20120922f

国土交通省東北地方整備局は21日、秋田市の同省秋田河川国道事務所で、成瀬ダム(東成瀬村)の建設の是非を検証する「検討の場」第4回会合を開いた。 同整備局が▽治水▽利水(農業用水、水道水)▽水位など正常な流水機能の維持—の目的・対策別に、ダム建設案と代替案を比べて総合評価した結果、「ダム建設案が最も有効」とする考えを示した。年内に同整備局として最終的な方針を決める。 佐竹敬久知事や関係6市町村長らが出席した。同整備局が、治水、利水、流水機能維持の各対策について、成瀬ダムを建設した場合と同等の効果が見込まれるとする3〜6の代替案を列挙。コスト(概算事業費)や実現性などを示し比較した。 会合では佐竹知事が「(検証に)だいぶ時間がかかったが、われわれが考えていた結果と同じ」と述べ、あらためてダム建設推進に期待した。佐々木哲男・東成瀬村長も「地元のため、できるだけ早く着工してほしい」と同整備局に要望した。 これに対し、会合を傍聴した「成瀬ダムをストップさせる会」(横手市)の奥州光吉代表(60)は「建設ありきの結果だ」と批判した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る