水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > キャンペーン最上小国川ダムの情報 > 最上小国川ダム反対の小国川漁協を支援するネット署名の賛同者募集

ニュース

最上小国川ダム反対の小国川漁協を支援するネット署名の賛同者募集

2014年1月4日
カテゴリー:

山形県は最上小国川ダムの建設を強行するため、ダム反対の小国川漁協に不当な圧力をかけてきています。
小国川漁協を支援するネット署名を是非、お願いします。周りの方への呼びかけもよろしくお願いします。

山形県議会議員 草島進一さんより
志高き漁協は一歩も譲歩せず、ダムに依らない治水策をひたすら求めています。
1月2日、署名サイトを立ち上げました。
皆様、ぜひご賛同、コメントをお寄せ下さい。
よろしくお願いします。以下、アクセスしてください。change.orgです。とりあえず1万人。その後、10万人を求めて参ります。
http://is.gd/UGcXx0

— 年末の小国川漁協の漁業権の許認可を盾にしてダム容認を県が迫った問題について
山形県議会議員 草島進一です。
12月17日、私が同僚議員に促して「県内17漁協の2014年1月1日の漁業権の更新が問題なくできるか」と聞いてみて、と促したところ、 県は案の定、小国川漁協だけ更新できるかどうか解らず、公益性の配慮を求めていると発言。そこから18日山新一面で「漁業権、失効の可能性」と報じられました。その後、県は19日、報道が注目する中、漁協からの申し入れと記者会見を、漁協に直前に踏み込むことで阻止、乗っ取った記者会見で事実と違う事「説明を受ける。話合いにつく、ダムを前提とした測量や環境影響調査を妨げない。の3条件を漁協に3月位から伝え答えを待っている旨報道陣に吹聴。20日の報道を見て事実と異なる事を感じた漁協が再度申し入れに行こうとするとそれを察知した県は再び漁協に乗り込み更にそれを阻止。しかし、漁協はその後3時に会見で姿勢を示し、守る会も声明と要請を提起。22日県農林水産部長が漁協に来て協議、23日に漁�! �が回答書を提出。24日知事記者会見で記者が「漁業権許認可を盾にしたダム強要では?」「漁協が望むダムによらない治水を検討する可能性は?」と問う。その後26日最上町40人で知事に陳情。27日草島、「県職員の虚偽」等2つの公開質問状への回答を求め農林水産部次長、水産課長の言動を録画。とこうした一連のことがありま・u「靴拭・・w) 結局、
知事も会見でダム建設と漁業権更新の許認可との関連性について「まったく繋がっていないというのはあたらないと思っております」と答えており、明らかに漁業法違反の可能性があります。 いずれにしても県が不当な圧力を漁協にかけて、ダムを強いる恐喝行為をおこなったということに違いないと考えます。
この事については、憲法で保障されているはずの財産権を侵害し、漁業法にも抵触すること、そして漁協に対して恐怖と不安に陥れたという事への責任について、私としては先ずは謝罪することを申し入れたいと考えています。
それから、皆さんご心配の漁協の姿勢についてですが、一部メディアの情報では「譲歩した」などの報道がされていますが、本人たちは、全く譲歩などした覚えはないと主張しています。協議はこれまでも受けて立ってきた。しかし、ダムありきの協議や協定などといった事には、18年の反対決議があるから粛々と断ってきた。県はただ県の論調を繰り返すだけだった。だから今般協議をしようと言ったのは、これまで無視され続けてきたり、「やれない理由」しかつけてこなかった「ダムに依らない治水」について協議をしようと言う意味だ。との事です。
漁協が提出した回答書は添付のとおりであり、この段階で3条件は知らされていないので、ふれられておらず、最後に治水策として以下のべられております。 ーーーーー以下引用 最上小国川の治水対策について
最上小国川はダムのない川であるが故に、ことさら「清流小国川」として広く知れ渡り、最上町と舟形町のかけがいのない観光資源であり、流域の人々に計り知れない多くの恵みをもたらしていることは誰もが認めることであります。 小国川漁業協同組合は、川に生息している魚族の生態系を守ること及び繁殖保護に努めることを使命として、永年努力してきております。
ダムが造られれば、これまでの自然環境に変化を及ぼし、特に河川の生態系に悪影響が及ぶことを回避することはできません。生息している魚族の生態系を守り、これらの増殖保護を行いながら良好な漁場を維持していくことを使命とし、豊かな自然環境を後世に引き継ぐため努力している私共小国川漁業協同組合は、ダム建設を看過することはできないのです。
小国川に育っている魚種は、質、量とも一級品として多くの人々から認められ、自然豊かな素晴らしい川として羨望され、たくさんの釣り人が訪れるのです。
恵まれた自然環境は、人の手によって造られたものではありません。多くの豊かな漁場があり、「清流小国川」として広く世間に認められている大きな観光資源を未来に引き継ぐためにも、最上小国川の治水対策はダムに拠らない対策を要望します。

“最上小国川ダム反対の小国川漁協を支援するネット署名の賛同者募集” への5件のフィードバック

  1. 松永 勝利 より:

    清流小国川をダムで汚さないでください。

    • suigenren より:

      コメント、ありがとうございます。
      その様に頑張りたいと思います。
      これを機会によろしくお願い致します。

      ところでこのページの存在をどのようにしてお知りになられたのか教えていただけませんか。

      遠藤保男

  2. 岸本紘男 より:

    ダムは魚にとっても、人間にとってもどうして必要ですか?
    古来から未来までみとうして、計画してくださいね!

  3. 小倉幸子 より:

    知識不足で申し訳ありませんが、山形県知事が女性だったのに驚きました。私の住む新潟県は泉田知事で、日本海佐渡沖にメタンハイドレードが埋蔵されており、京都府山田知事や兵庫県井戸知事・滋賀県嘉田知事・秋田県佐竹知事等で知事会組織を作り、採掘開発を促進しています。山形県は入っていないと思いますが、清流にダムを作るという理由がよく分かりません。今迄どれだけダム建設で自然が遮断され生態系が破壊されてるか、嫌という程ニュースになってるのに・・女性知事なら尚更理解があると思いましたが逆なんですね?多分、土建業のバックアップで当選された為に、ダム建設を強行されてるのでしょう!阻止するにはもっと多くの人達に知らせて、高知県の四万十川清流に匹敵する川を破壊するダム建設をしようとしてる事実を拡散する事です。秋田県佐竹知事はロシアのプーチン大統領に秋田犬を送った方で、以前クマ牧場で管理女性2名が逃げ出したクマに噛み殺され、残ったクマを殺処分するかで揉めた時、県予算から支出し保護して別のクマ牧場に移転させ生かした経緯があります。その時殺処分撤回をお願いして、実行してくれた知事とは違う吉村知事なんですね。八ッ場や諫早湾や色々問題だらけなのに、残念な事ですね!こういう知事を選んだ県民にも問題があると思います。自然は失ったら2度と戻らない事を訴えましょう!私も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る