水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ石木ダムの情報 > 「事業認定自体の是非を問う、ご質問にはお答えを差し控えさせていただ きます」石木ダム問題で長崎県が回答

ニュース

「事業認定自体の是非を問う、ご質問にはお答えを差し控えさせていただ きます」石木ダム問題で長崎県が回答

2014年2月24日
カテゴリー:

1:2月21日、長崎県が回答

石木ダムに反対する住民団体5団体と石木ダム対策弁護団が1月31日に追加提出した公開質問状に対する回答が長崎県から各団体宛計6通が弁護団事務局に届きました。

当事者である岩下様宛回答書のみ,若干書面内容が異なり,弁護団を含め他団体宛回答書は,全く同じ内容です。
岩下様宛回答書と弁護団宛回答書を掲載致します。

長崎県回答書(H26.2.21) pdf 259kb
参考  追加公開質問状140131 pdf 258kb 

私たちはこのような長崎県の対応を多くの声で糾弾し、きちんとした知事からの回答と説明を求め続けましょう。
先ずは、2月28日15時に長崎県交流会館2階研修室へお集まりください。 

 2:佐世保市長への公開質問提出

 2月21日、5団体と弁護団は佐世保市長宛に公開質問状を提出しました。
佐世保市は石木ダムに水道用水4万㎥/日の水源開発を 求めています。
佐世保市が石木ダムを必要とする理由について事実関係を確認することを主眼とした質問になっています。
回答期限は3月7日(金)とし、3月14日(金)19時にこうばる公民館にて市長が回答・説明するよう求めています。
皆さん、佐世保市長が私たちの要請に真摯に応じるよう、応援の程よろしくお願い致します。

佐世保市公開質問状  pdf 151kb

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る