水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 事務局からのお知らせ石木ダムの情報 > 4月11日 佐世保市回答・説明 第2ラウンド (石木ダム) 

ニュース

4月11日 佐世保市回答・説明 第2ラウンド (石木ダム) 

2014年4月15日
カテゴリー:

先ずは抗議→言い訳→実質討論

4月11日(金)15時から佐世保市水道局庁舎4階会議室にて、佐世保市への公開質問状に対する回答・説明要請行動が持たれました。
この日は3月14日に続いての第2ラウンドです。

3月14日の回答・説明において佐世保市(水道局)は実質的な質疑応答に入りました。
”2回目は、1回目に話し合った佐世保重工(SSK)にかかる水需要予測の問題について「売上げが2倍になる」を「水使用量が2倍になる」に変更した件・日量4,412㎥/日という数値の算出根拠の再確認と、H6,7年の渇水が再来したときに佐世保市水道利用者がどのような事態に陥るのかを数値を基に検証すること”等を、5団体と弁護団が「まとめ」として佐世保市(水道局長)に申入れるとともに、具体的データ

を求める追加質問書(確認と追加)を3月20日に提出していました。

その回答が出されたのは3月31日ですが、「数値を上げた回答は差し控える」というもので、長崎県の対応を踏襲していまし た。
3月14日の話合いの経過を無視したこのような回答に対して、 5団体と弁護団は連名で抗議を申入れました。

20140411佐世保市宛て抗議文 pdf 18kb

岩下さんから受け取った抗議文に目を遣る佐世保市水道局長 →

 

 抗議文の手渡し、朗読に続き、谷本薫治水道局長は「石木ダムは必要」と答えました。
続いて、本論に入りました。

先ずは、「修繕船事業売上高が2倍を見込んでいるので修繕船用水需要が2倍」問題の確認。これは「SSKは従来1つのドックで行っていた修繕船事業を2つのドックで行うことを見込んでいる。そのため水需要が2倍になる」が正しい表現。2013年9月25日の企業経済委員会で口頭修正。議事録に記載されている。認定庁への報告は長崎県を通して2013年5月。(認定庁から県に問合せ。県が佐世保市に照会して、佐世保市が回答。これには、赤峯衆議院議員が2013年5月に国土交通省総合政策局総務課土地収用管理室にヒアリングをおこない、この問題を調べるように要請した経緯があります。)
次に”「佐世保重工が4,412㎥/日最低は必要である」旨の回答”についての説明。
佐世保水道担当者は、「4,412㎥/日という数字は水道局が佐世保重工からのヒアリングを通じて算出した数字で、佐世保重工から『4,412㎥/日でよい』との2014年4月8日付け文書がある」とそれを示しました。2014年4月8日は厚労省に再検証結果を提出し終えた3月31日を1週間以上経過した日です。不思議なことなので「何故?」と聞いたところ、「念のために確認を文書で求めた」との答えでした。その文書を下に掲載します。
佐世保重工からの回答  pdf 1.2mb
4,412㎥/日の算出根拠については、修繕船1隻あたりの使用水量が2693㎥(93711㎥/34.8隻/年)。その内の八割はドックイン初日の船体洗浄に使われ、残りの二割は修繕船ドックイン期間(平均10.5日間)にわたって使われるので、ドックイン初日には2693×0.8+2693×0.2/10.5=2,206㎥/日使われる。この2206㎥/日を修繕船1隻が1日に使用する最大水量とした。この最大使用水量を賄うことができないと支障を来すことになる。2隻が同時に修繕ドックに入ることを想定し、1日使用水量を4,412㎥/日とした。2隻が同時にドックインする頻度については検討していない。

つまり、 4,412㎥/日は修繕船が2隻同時にドックインしたと想定したときに初日に使用される水量であること、初日に行う船体洗浄で全使用水量の8割が使われること、よって、修繕船2隻が同時にドックインしたときに使用される一日最大使用水量であること、2隻同時にドックインする頻度は不明であることが明らかにされました。このように限りなく一日最大使用水量に近い性質の水量を一日平均使用水量として計上すること自体、常軌を逸しています。修繕船用に1年間で使用される水量を365日で割って算出される数値こそが修繕船用一日平均使用水量です。

「平成6年、7年渇が再来した場合に水道利用者はどのような事態に陥るのか」問題については、「数値を上げての説明はしない」との回答でした。谷本水道局長は「平成6,7年渇水が再来した場合に佐世保市民が困らないようにしなければならない。そのためには石木ダムはどうしても必要」と3月14日の回答・説明会で何度もくりかえしていました。「平成6年、7年渇が再来した場合に水道利用者はどのような事態に陥るのか」は実際、佐世保市水道利用者にとって重大な問題です。「数値を上げての説明はしない」という姿勢をあらためて、次回はこの問題についてきちんと対応することを要請して、この日の回答・説明会を終えました。

佐世保市は13世帯に対しての説明責任と、水道利用者に対する説明責任があります。
私たちは13世帯の声、水道利用者の声を佐世保市にしっかり聞かせ、責任ある説明を求めることで、石木ダムが佐世保水道にとって本当に必要であるのか明らかにしていきます。

実況中継ビデオ

撮影・製作はいしまるほずみさんです。
「佐世保市水道局…本音がぽろぽろ。。2014年4月11日佐世保市水道局2回目 」http://youtu.be/NXigq0xZosA
 「佐世保市水道局…本音がぽろぽろ。。2014年4月11日佐世保市水道局2回目つづき」http://youtu.be/QbVkomxU-dE

マスコミ報道 

20140411佐世保市回答説明 長崎放送 約1分のビデオ mp4 9.7mb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石木ダム建設問題:地権者ら、佐世保市に白紙撤回を要求 「質問回答、一般論繰り返し」 /長崎

毎日新聞 2014年04月12日 地方版

 県と佐世保市が計画中の石木ダム建設事業を巡り、反対地権者や弁護団ら約50人は11日、市水道局を訪れ、2月以降2回にわたり提出した公開質問状に対する市の回答について「一切の資料・数値を示すことなく空虚な一般論を繰り返しただけだ」と抗議し、事業の白紙撤回を求めた。

地権者らは、1994、95年に起きた渇水の再来防止など、市が建設の必要性の根拠としている項目について「もし再び渇水が到来した際にどのような状態に陥るのか具体的数値に基づく検証が必要」と指摘。「地権者に対する対応が不誠実だ」と主張した。

市水道局の谷本薫治局長は「個別の数値はすでに開示された資料に記載している」と述べ、双方の意見は最後までかみ合わなかった。【梅田啓祐】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る