水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 石木ダムの情報 > 長崎県知事による説明会実現に向けて 開催日は6月21日 (石木ダム関係)

ニュース

長崎県知事による説明会実現に向けて 開催日は6月21日 (石木ダム関係)

2014年6月12日
カテゴリー:

長崎県との遣り取り経過

5月19日に長崎県知事の13世帯面会要請を受入れての県知事面会行動をもちました。長崎県側の対応者は浦瀬管理監・野口河川課長・浅野土木部長でした。
この日の話合いを基に、5団体と弁護団は連名で、知事との面会実現に向けた「確認と日程調整のご連絡」を5月23日に長崎県知事に提出しました。
長崎県から6月6日に長崎県土木部河川課長名で回答がありました。
その主旨は、
説明は土木部が行う。
第一希望 日時: 6月16日(月) 19 時から 1時間程度
第二希望日時: 6月19日(木) 1 9時から1時間程度
会場:両日ともに、こうぽる公民館又は、JA長崎県央川棚支店会議室
というものです。
この回答の最後の部分に下記記述があります。
「なお、前回の説明会では事前に県からの問答趣旨を説明させていただきたいとお願いしておりましたが、県からの説明は残念ながら静穏な状況ではできませんでした。そういった点についてご配慮くださいますようお願いいたします。」
この記述と、説明会を1時間程度としていることから、長崎県が「従前の説明を繰り返し」ですませることのないように、説明会の持ち方について6月16日に事前協議を持つべく要請書をう5団体と弁護団連名で6月9日付で長崎県知事に提出しました。6月13日までに回答が出されるでしょう。

長崎県知事が「公開質問状で提起された問題に誠実に対応する」という基本姿勢を持つことを私たちは期待しています。

6月21日 15時から こうばる公民館 にて 長崎県による説明会

長崎県に事前協議を申し込んだのですが、長崎県は6月12日に下記主旨の回答を出しました。

  1. 土木部長・河川課長等が説明する。
  2. 河川管理者として治水安全度、基本・計画高水流量、過去の水害、治水代替案など治水面についての説明
  3. 事前協議の必要ない。
これを受け、弁護団は会場と日時について希望を伝え、その結果、次のように決りました。
  1. 会場は こうばる公民館
  2. 日時は 6月21日(土) 15時から
5団体と弁護団が連名で昨年12月27日に長崎県知事宛に提出してある公開質問状等の関係資料は直ぐ下を御覧下さい。
それでは皆さん、6月21日 15時から こうばる公民館 でお会いしましょう。

 関係資料等

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る