水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 石木ダムの情報 > 長崎県、SLAPP訴訟で対応!! (石木ダム関係)

ニュース

長崎県、SLAPP訴訟で対応!! (石木ダム関係)

2014年9月1日
カテゴリー:

一周遅れの報告で済みません。
長崎県による「通行妨害禁止の仮処分命令申立」報告

8月7日午後には、付け替え県道工事着手に説明を求めようと工事現場入り口に結集して背を向けていた人々に「石木ダム建設事業の付替県道工事に対する通行妨害禁止の仮処分命令申立を裁判所に提出したので、裁判所の判断が示されるまで着工は中止する」と長崎県職員が伝えました。
この件についてその後の展開を報告致します。
( 8月7日午後に至るまでの報告、8月8日までの新聞記事は、長崎県、付け替え用道路工事着工中断,司法の判断を待つ!??」を御覧下さい。)

8月7日、長崎県は長崎地方裁判所佐世保支部に「通行妨害禁止仮処分申請を提出したと記者発表しました。
20140807通行妨害禁止仮処分申請マスコミ配布文  pdf 600kb

8月18・19日には長崎地裁佐世保支部保全係から、23人に対して「審尋期日呼出状」が送付されました。
「審尋期日を8月27日午前10時00分とするので、長崎地方裁判所佐世保支部に出頭してください」という内容です。
この呼出し状には下記文書がセットになっていました。

石木ダムの必要性について説明することを求めている私たちへ長崎県はSLAPP訴訟で対応してきました。
このような卑劣なことは許せません。
債務者とされた23人全員が石木ダム対策弁護団を代理人とし、長崎県と長崎地方裁判所佐世保支部で闘う準備を整えました。
裁判所が通告していた審尋期日8月27日10時は延期し、9月18日14時となりました。

新聞報道

 

 

 
 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る