水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > キャンペーン > 9月11日(日)「ウナギが生きる川を取り戻す  ~ウナギと河川環境の問題を考えるシンポジウム~」

ニュース

9月11日(日)「ウナギが生きる川を取り戻す  ~ウナギと河川環境の問題を考えるシンポジウム~」

2016年8月31日
カテゴリー:
ニホンウナギが2014年6月に国際自然保護連合により、絶滅危惧種に指定されました。 ウナギ漁獲量の減少はすさまじいものがあります。とりわけ、霞ケ浦を含む利 根川は、かつて日本で最大のウナギ漁獲量がありましたが、今は激減しています。 ニホンウナギが激減した要因はシラスウナギの乱獲だけでなく、様々な河川工作物や河川工事により、ウナギの遡上・降下が妨げられ、ウナギの生息場(エサ場、隠れ場所)が失われてきたことも大きな要因と考えられます。
そこで、ウナギが生息できる河川環境を取り戻すため、ウナギに関する第一線 の研究者にご登壇いただき、今後の河川のあり方を市民とともに考えるシンポジ ウムを開催します。
是非、ご参加ください。
案内チラシ うなぎと川のシンポ20160911  をご覧ください。

◆日時 2016年9月11日(日) 午後1時30分~4時30分 (開場 午後1時)
◆場所 全水道会館4階 大会議室     東京都文京区本郷1-4-1 電話 03-3816-4196
    JR水道橋駅東口3分、都営地下鉄水道橋駅A1出口1分

◆主催 利根川流域市民委員会  http://tonegawashimin.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/2016911-253a.html 協力 patagonia 日本支社  資料代 500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る