水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 報道川上ダムの情報 > 川上ダム、堤体「打設」始まる 計画から50年超 伊賀 /三重

ニュース

川上ダム、堤体「打設」始まる 計画から50年超 伊賀 /三重

2019年9月23日
カテゴリー:

残念な情報ですが、三重県伊賀市で(独)水資源機構が建設を進めている川上ダムの本体工事が始まりました。その記事を掲載します。
「伊賀・水と緑の会」らの伊賀市民が反対運動を進めてきているのに本当に残念です。
川上ダムに利水で参画しているのは現在は伊賀市水道だけです。かつては奈良県水道、西宮市水道も参画していましたが、必要性がなくなって2011年に撤退しました。
伊賀市も同様なのですが、豊水暫定水利権という恣意的な水利権許可制度に縛られ、参画を強制されてきました。伊賀市ゆめが丘浄水場の木津川水源は川上ダムなしで、今まで取水に支障をきたしたことがなく、実質的に安定水利権と変わらないものなのですが、水利権許可権者である国交省近畿地方整備局は、川上ダムの建設を進めるため、川上ダムを前提とした豊水暫定水利権としてしか許可せず、伊賀市に対して川上ダム事業への参画を強制してきています。
伊賀市の参画が、(独)水資源機構にとって川上ダム事業を推進する生命線になっています。川上ダムは洪水調節、伊賀市水道用水の開発などを目的にした多目的ダムですが、このうち、水道用水の目的がなくなると、(独)水資源機構は川上ダムの事業主体であることができなくなります。それは、(独)水資源機構は水資源開発を目的とする施設の新築等を行うことが水資源機構法に明記されているからです。
貧乏くじを引いた伊賀市水道は本来は不要な川上ダムへの参画で、法外に高い費用負担を強いられつつあります。

川上ダム 堤体の建設スタート
(朝日新聞三重版 2019年9月21日03時00分) https://digital.asahi.com/articles/ASM9N555JM9NONFB00P.html?iref=pc_ss_date

(写真)大型容器からコンクリートを流し込み、ダム堤体の建設工事を始めた作業員ら=2019年9月20日午前9時57分、三重県伊賀市の川上ダム建設現場

独立行政法人水資源機構が建設する川上ダム(三重県伊賀市)で20日、堤体の建設をスタートする「コンクリート初打設式」が開かれた。1967年に建設計画が持ち上がってから52年。曲折を経た事業は、2022年度の完成をめざして、いよいよ水をせき止めるダム本体の建設工事に入った。
川上ダムは、木津川支流の川上川、前深瀬川の合流地点に建設する重力式コンクリートダム。流域の治水と伊賀市の利水が目的で、完成時の堤高84メートルは宮川ダム(大台町)に次ぎ県内2番目の高さになる。
総貯水量は3100万立方メートル。総事業費1180億円のうち、今年度分を含めると、792億円が投入されている。
初打設式には、水資源機構の職員と工事を請け負う「大林組・佐藤工業・日本国土開発JV」の作業員ら計約130人が参加。合図とともに、コンクリートを詰めた大型容器が高さ約60メートルのタワークレーンでつり下げられ、川底と山肌を掘削して露出させた基礎の中心部まで運ばれると、容器の底を開いてコンクリートを流し込んでいった。
堤体工事では、約100万トンの骨材で作ったコンクリート約45万立方メートルを積み上げていくという。
川上ダム建設所の渕上吾郎所長は「工事が一つの節目を迎え、これからは日ごとに変化し、目の前でダムの形がつくられていく」とあいさつ。JVの代表者は「厳しい工程だが、入念な施工計画のもとで安全と品質を確保し、環境にも配慮していく」と述べた。(中田和宏)


川上ダム建設 堤体コンクリートの初打設 伊賀市で

(伊賀タウン情報ユー2019年9月20日) https://www.iga-younet.co.jp/2019/09/20/18714/527

(写真)【堤体コンクリートの初打設があった川上ダムの建設現場=伊賀市川上で】

川上ダム(伊賀市川上)の建設現場で9月20日、本体の堤体部分にコンクリートを流し込む初打設があり、独立行政法人「水資源機構」の職員や施工業者ら約130人が節目を祝った。
洪水調整や伊賀市の水道用水などを目的に木津川支流の前深瀬川に造られる川上ダムは、総貯水容量が約3100万立方メートルで、総事業費1180億円。堤体は長さ334メートル、高さは宮川ダム(大台町)に次ぐ県内2番目の84メートルで、52年前の1967年に予備調査が始まった。
初打設を前に、川上ダム建設所の渕上吾郎所長らがあいさつし、その後にタワークレーンを使って「祝」の文字などを掲げたバケットから4・5立方メートルのコンクリートが流し込まれた。ダム堤体にはコンクリート約45万立方メートルが使われ、打設は2021年3月に完了、ダム完成はその2年後の23年3月末を予定している。


川上ダム、堤体「打設」始まる 計画から50年超、関係者ら感慨 伊賀 /三重

(毎日新聞三重版2019年9月21日)https://mainichi.jp/articles/20190921/ddl/k24/010/274000c

伊賀市川上などで水資源機構が建設を進める川上ダムで20日、水をせき止める本体(堤体(ていたい))を築く作業が始まった。コンクリートを流し込む最初の作業は「初打設(だせつ)」と呼ばれ、1967年に予備調査に着手して以降、半世紀を超えて完成に向けた節目を迎えた。【大西康裕】
川上ダムは重力式コンクリートダム。堤体は底に近づくほど分厚くなり、底の大きさは長さ約90メートル、厚さ約60メートル。高さは84メートルで堤頂部は長さ334メートル、厚さ7メートル。この堤体を45万立方メートルのコンクリートで築き上げ、県内のダムで2番目の高さになる。
この日は4・5立方メートルのコンクリートが入ったバケットを操作台までの高さが約60メートルのクレーンでつり上げ、基底部に流し込むと、約130人の工事関係者が万歳をした。
同機構川上ダム建設所の淵上吾郎所長は「計画が持ち上がって以来50年を超えた。初打設で以降は日ごとに目の前でダムの形が展開されていくことになる」と述べ、施工者代表が「ダムを立派に仕上げる私どもの使命に身が引き締まる思い。堤体コンクリートの打設は19カ月と厳しい工程になっているが、技術を駆使して施工を進める」と話した。
ダムは2022年度中の完成を目指し、完成すると総貯水容量は約3100万立方メートル。治水の他に伊賀市の水道の水源(1日最大約3万900立方メートル)となるが、利水を巡っては水需要が見込めないなどとして奈良県や兵庫県西宮市が川上ダム事業から撤退。水源とするのは伊賀市のみだが、伊賀市も水があまり、市民負担が増すと訴える市民団体もある。
________________________________________
◆川上ダムをめぐる主な動き
1967年 建設省(当時)が予備調査開始
81年 建設省が実施計画調査開始
93年 建設大臣が事業実施計画を認可
98年 水没予定地区からの移転始まる(03年終了)
2004年 奈良県が川上ダム事業から撤退を表明
08年 国土交通省の諮問機関「淀川水系流域委員会」が川上ダムなどの建設を認めない意見書をまとめる
三重など4府県知事が川上ダムなどの建設容認で合意
09年 県の「ゆめが丘浄水場」(伊賀市)が稼働
民主党政権で前原誠司国土交通相が川上ダムなどの本体工事への移行を凍結
10年 伊賀市が「ゆめが丘浄水場」を建設費用負担も含め県から引き継ぐ
13年 岡本栄・伊賀市長が川上ダム建設を要望
14年 国土交通省が川上ダム事業継続を決定
18年 本体工事起工式を開催(本体基礎掘削に着手)〔伊賀版〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る