水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 設楽ダムの情報

ニュース

設楽ダムの情報

:「建設凍結」の設楽ダム 進む移転、悩む住民 争点とする候補者少なく(毎日新聞 2012年12月13日 中部夕刊)

2012年12月13日
カテゴリー:

12年末・この国を選ぶ:「建設凍結」の設楽ダム 進む移転、悩む住民 争点とする候補者少なく
(毎日新聞 2012年12月13日 中部夕刊)
http://senkyo.mainichi.jp/news/20121213ddh041010003000c.html
「コンクリートから人へ」のマニフェストを掲げた民主党政権の下、建設計画が事実上凍結された愛知県設楽町の設楽ダムの水没予定地で、集落の住民の移転が進んでいる。
地元自治体などが事業の必要性や緊急性を検証する会議は1年中断し、国は事業をどうするかの結論を出していない。衆院選でもダム問題を訴える候補者は少なく、先行きが見えない中、住民たちは複雑な思いを抱きながら、次々に住み慣れた古里を後にしている。【清藤天】
「出て行くのだから生活再建だけはしっかりやってほしい」。約50戸あった同町八橋地区では、空き家や家屋の取り壊し跡が増えて寂しい光景が広がり、住民の男性(80)は切実な願いを口にする。
町外の集団移転地に今年移り住んだ70代の男性は「移転先は夏は暑いし、地域の習慣も分からない。本当は山の暮らしが良かったが、犠牲になるつもりで町を出た。ダムができなきゃ、追い出され損だ」と嘆いた。
国は10、11年度、住民移転を含む関連予算を20億?30億円台で用意し、対象の124世帯のうち45世帯と移転契約を結んだ。12年度は約100億円に増額し、今年11月末までに新たに43世帯が契約した。
県や中部地方整備局、地元自治体が10年11月に発足させた会議「検証の場」は、できるだけ早く結論を出すとしたが、昨年12月の第4回以降は開かれておらず事実上、中断している。
衆院選では、設楽町やダム下流の市町村がある愛知14、15区の候補者計10人のうち、選挙公報でダムの是非に触れたのは、事業中止を訴える共産新人2人だけだ。
共産以外の候補者たちは「他に大きな争点がある」「公共工事でも、先に必要なものがある」と、ダムを争点としない理由を説明する。ある陣営の幹部は「候補者が理解しきれていないものは語れない」と明かした。
ダム問題が争点とならない現状に、反対運動を続ける「設楽ダムの建設中止を求める会」副代表の伊奈紘(ひろし)さん(67)は「移転で人が減れば町も衰退する。
民主党政権の誕生はダムを止める大きなチャンスだったのだが、次はどうなるか不安だ」と話す。これに対し、建設推進の立場の町幹部は「建設に『ゴー』と言ってくれればいいが、キャスチングボートをどの党が握るか分からない」と、選挙の行方を注視している。
◇設楽ダム
国が愛知県設楽町の豊川上流に1973年に建設を計画した。水道用水や農業用水のほか、洪水調節を目的とする特定多目的ダム。高さ129メートル、貯水容量9800万トン。09年2月に国と県、町が建設同意の協定書に調印した。総事業費は約2070億円。

進む移転、細る地域 設楽ダムで水没予定の八橋地区(中日新聞愛知版 2012年10月18日)

2012年10月18日
カテゴリー:

進む移転、細る地域 設楽ダムで水没予定の八橋地区(中日新聞愛知版 2012年10月18日)

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20121018/CK2012101802000037.html?ref=rank

(写真)地区外に移転し、解体された住宅跡。水道の蛇口が寂しく残る=設楽町八橋で

民主党政権が三年前に打ち出したダム建設計画の検証で、建設の動きが止まったままの設楽ダム。しかし、設楽町内の水没予定地では住民の移転が急速に進んでいる。
対象世帯が最も多い八橋(やつはし)地区では半数以上がすでに移転し、二十世帯を残すだけ。取り壊された家屋の基礎があちこちで見られ、主を失った田畑に雑草が生い茂る。二十八日は地区の祭りだが、「今年が最後になるかも」との声も出ている。
八橋地区は寒狭(かんさ)川(豊川)の支流や境川に沿って形成された集落。設楽町の中心地から長野県根羽村を結ぶ県道が走る。
◆名簿、消して黒く
区長を務める金田和幸さん(68)の手元にパソコンで打った住民の名簿がある。作成したのは二〇〇二年一月。五十七世帯が名を連ねた。転出のたびに黒インクで消し、名簿は真っ黒になった。
水没が予定されるのは、設楽町内の六地区計百二十四世帯。このうち八橋、川向(かわむき)、大名倉は地区そのものが消滅する。国土交通省設楽ダム工事事務所によると八月末現在、62%に当たる七十八世帯が補償交渉を終えている。
八橋地区では年内にさらに三世帯が移転する。「年が明ければますます加速し、来年末まで残るのは私を含め四、五軒ではないか」と金田さんは言う。
二十八日は八橋神社の祭礼。かつては余興や餅投げもあり、境内に子どもたちの歓声が響いた。最近は神事の後、ビールで乾杯してお開きだが「今年が最後かもしれんなあ」。金田さんは、真っ黒になった名簿を見ながらため息をついた。
◆桜の下で旧交を
一九四四(昭和十九)年まで小学校があった高台に樹齢百年ほどの桜の大木がある。「八橋のウバヒガン桜」と呼ばれ、住民たちが大切に守ってきた。毎年四月には、住民だけでなく、転出した人たちも集まり観桜会を開いている。
設楽ダムの満水時の湖面は標高四三七メートル。桜がそびえる高台は四五〇メートルで、辛うじて水没を免れる。金田さんは先ごろ、設楽町議会に「高台を『ふるさと公園』として整備してほしい」との要望書を提出した。
ダム検証の行方とは関係なく、怒とうのような勢いで進む地域社会の崩壊。
「好きこのんで出て行く人は誰もいない。みんな八橋が大好きなんです。年に一回、桜の下に集まって旧交を温めたい。私たちのささやかな願いです」
(鈴木泰彦)
<設楽ダム> 国土交通省が設楽町内の豊川上流に建設を計画する治水、利水の多目的ダム。高さ129メートル、幅400メートルの重力式コンクリートダムで総貯水量は9800万トン。
計画が提示されたのは1973年で、2009年に町が建設に同意した。計画発表当時は反対運動が起き、近年では建設是非を問う住民投票の動きもあった。民主党政権が09年に検証対象事業にした。

設楽ダム みんなで考えよう 豊橋で県民セミナー始まる(朝日新聞愛知版 2012年7月29日)

2012年7月29日
カテゴリー:

設楽ダム みんなで考えよう(朝日新聞愛知版 2012年7月29日)http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001207300006

 ●豊橋で県民セミナー始まる

 政権交代後のダム事業見直しで検証対象になっている設楽ダム(設楽町)について、理解を深めるための連続講座「とよがわ流域県民セミナー」が28日、豊橋市で始まった。

その日は2人の専門家が流域の特徴や水の循環をテーマに講演し、質疑に応じた。

県の主催。賛否両派の関係者から意見を聞く場を設ける方針を示していた大村秀章知事が、冒頭で「セミナーを通じて設楽ダムに関心を持ってもらい、県民から広く意見を聞きたい」とあいさつした。

 地理学が専門の藤田佳久・愛知大名誉教授は設楽ダムが建設される豊川(とよがわ)の特徴について講演。「豊川の流域は地盤が固いため、降った雨がすぐに流れてしまううえ、蛇行する川の流れをまっすぐに直すことが出来ず、自然なままで残った」と話した。

続いて、蔵治光一郎・東大演習林生態水文学研究所長が「どんな対策をしても、水害や水不足は避けられないことをみんなが認め、人間の被害を最小限にとどめるための社会を作っていく必要がある」と指摘した。

豊橋で豊川流域県民セミナー ダムあり方など考える(読売新聞中部版 2012年7月29日)
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_kan/kan120729_4.htm

 設楽ダムに関する情報を県民に提供する連続公開講座「とよがわ流域県民セミナー」の第1回が28日、豊橋市の愛知大学で開かれ、2人の専門家が流域の総論的な解説を行った。

国による再検証の場とは別に、県が独自に情報を提供し、県民に理解を深めてもらう場として、大村秀章知事の発案で始まった。

この日は大村知事が出席し、「東三河は豊川の流域として発展してきた。この地域で水とどうつきあうかは重要な課題で、ダムのあり方についても考えてもらい、広く意見をいただきたい」と開講の意義を説明。

 セミナーでは藤田佳久・愛知大学名誉教授が豊川流域の歴史と地理学的な特性について講演。同セミナー運営委員の蔵治光一郎・東京大学准教授が集水域管理の考え方と健全な水循環の再生について解説した。

↑ このページの先頭へ戻る