水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > 石木ダム工事差止訴訟

石木ダム工事差止訴訟

石木ダム工事差止訴訟

石木ダム工事差止訴訟

石木ダム訴訟関連親ページ→こちら

提訴 2017年3月6日

訴状 シオリ付き
  別紙 工事目録

マスコミへの配付メモ
工事差止訴訟提訴にあたって

第1回口頭弁論 2017年7月10日

原告 意見陳述内容

原告 代理人 意見陳述

提出書類

訴状 前出
甲号証(A1~35,B1~19,C1~21,D1及び2)

被告 提出書類

答弁書(被告長崎県)
答弁書(被告佐世保)
県証拠説明書(乙1-9)

今後の予定

次回     9月19日14時~  長崎県答弁書への反論 その他
次々回   11月13日14時~
次々次回  12月27日14時~

この日の報告

第2回口頭弁論 2017年9月19日

原告 意見陳述内容

原告 代理人 提出書面用紙説明

利水 毛利 倫 弁護士 利水書面の要旨
治水 緒方 剛 弁護士 治水書面・手続き論の要旨

提出書類

 原告側

J1(利水書面)

J2(治水書面)

別紙1流量計算表
別紙2川棚川の堤防高と石木ダム無し計算水位
別紙3 川棚川の諸元
別紙4 川棚川の堤防高と石木ダム無し計算水位との差

J3(手続論)

J4(人格権)

マスコミ記事

この日の報告

第3回口頭弁論 2017年11月13日

提出書類

被告側

県準備書面(1) 治水面で不要への反論
県準備書面(2) 覚書遵守違反への反論

参考: 甲D1号証「石木川の河川開発調査に関する覚書」
(長崎県東彼杵郡川棚町字川原郷、岩匿郷、木場郷と長崎県)

県準備書面(3) 侵害される権利への反論
佐世保市準備書面1 侵害される権利への反論と、利水面で不要への反論

この日の報告

第4回 2018年1月22日 16時  401号法廷

原告側提出書面

差し止め本訴準備書面 5 手続論
差し止め本訴準備書面 6 人格権

次回

4月23日  14時  401号法廷

原告から県準備書面(1)、佐世保市準備書面(1)利水 への反論
(取消訴訟の証人尋問結果を踏まえて提出)
被告から1月22日の原告からの反論への反論

第5回 2018年4月23日 14時 401号法廷

原告側弁論要旨

180423差止訴訟弁論要旨 利水 八木大和 弁護士 
180423差止訴訟弁論要旨 治水 緒方  剛 弁護士

 原告側提出準備書面

J7(利水)
J8(治水)
添付1 事業認定取消訴訟 原告ら第1 3準備書面
添付2  同上に添付した図表コピー
J9(権利性)

この日の報告

  次回

6月27日 佐世保市が補足準備書面提出予定  今後の進行審議

第6回 2018年6月27日

被告側提出書面

佐世保市準備書面3

次回  9月12日 立証計画(証人申請)について

第7回 2018年9月12日

 原告側から具体的な氏名を挙げて、証人申請が必要であることを説明する書面を提出した。
被告側からは、証人尋問は不要とする書面が提出された。

原告側提出準備書面

J10 利水(控訴理由書1は省略)
   控訴理由書1利水
J11 治水(控訴理由書2は省略)
控訴理由書 2 治水
    別紙1B-C算定結果(石木ダ厶事業)治水(治水のみ)
    別紙2 石木ダムの費用便益の計算の問題点2

被告側提出意見書面

長崎県証拠意見書
佐世保市証拠意見書

この日の報告

工事差し止め訴訟、第7回口頭弁論(石木川まもり隊ホームぺージ)

次回 11月6日(火)13時

第8回 2018年11月6日

開廷前に30分間予定の進行協議が行われたが、裁判所は証人招聘に反対する被告側を説得することができぬまま1時間経過し、開廷は30分遅れて14時半ごろになった。原告・被告双方から証人招請についての書面が提出された。今期日では結論に至らず、次回2019年1月15日への持ち越しとなった。

裁判所に提出された主な書類

原告側

証拠意見書(利水)
証拠意見書(治水)

被告側

佐世保市意見書(H30.10.31)
長崎県証拠意見  2018年9月6日提出分再掲

この日の報告

石木ダム工事差止訴訟 第8回口頭弁論 報告

 

第9回 2019年1月15日

証人招請について審議しました。結論は出ず、次回、3月12日予定の第10回期日に持ち越しとなりました。原告側・被告側双方から裁判所に書面が提出されました。

裁判所に提出された主な書類

原告側

J 5手続論
J12(控訴審J1援用書面であるが援用部分省略)
J13(費用便益費)

被告側

長崎県証拠意見(治水)

この日の報告

石木ダム工事差止訴訟第9回口頭弁論 報告

次回期日

2019年3月12日 16:30 長崎地方裁判所 佐世保支部

第10回 2019年3月12日

証人招請について審議しました。4月に裁判体(裁判長・陪席裁判官の構成)が変わるので結論は新しい裁判体が判断するとしtました。そのための進行協議と次回第11回弁論期日が設定されました。

⑴ 期日関係
4月22日11時~ 進行協議期日
6月 4日14時~ 弁論期日
⑵ 宿題
ア 4月22日までに谷本尋問に関する意見書,及び,尋問スケジュール
イ 5月末までに水道料金に関する主張(控訴審提出分)
ウ 尋問予定当事者の選定,及び,起業地住民の陳述書を提出する(期限は尋問の2週間から1か月前)。
⇒ 尋問候補日①7月17日終日,候補日②9月18日終日

双方が提出した書面

原告側

J14(佐世保市再評価問題)

被告側

佐世保市意見書 利水
長崎県準備書面(6)治水

次回期日

6月4日14時~ 長崎地方裁判所 佐世保支部

この日の報告

石木ダム、連日の裁判 3.11(事業認定取消控訴審) 3.12(工事差止請求1審)

進行協議 2019年4月22日

裁判体(裁判長・陪席裁判官の構成)が変わり(裁判長交代)、第10回期日を踏まえたうえでの証人尋問について協議しました。

裁判所の考え方

原告が要求していた佐世保市水道局長・谷本薫治氏は採用しない予定 原告6名への尋問、嶋津氏への尋問は行う。

期日は2019年7月17日 午前・午後の終日
時間については,
嶋津さん:午前中(主尋問:90分,反対尋問:30分)
原告本人6名:午後いっぱい(一人あたり主尋問:20~25分、反対尋問:10分)

双方が提出した書類

原告側

19.04.16-証拠意見(利水)
佐世保市水道局長谷本薫治氏の尋問を必要とする意見書

被告側

長崎県意見書(H31.4.15)
原告側が要求している嶋津暉之氏の尋問を不要とする意見書

次回期日

6月4日14時~ 長崎地方裁判所 佐世保支部

尋問予定日7月17日の具体的進行を審議予定

第11回 2019年6月4日

〇 裁判長が変わったことによる引継ぎ目的の口頭弁論。
工事差止訴訟 意見陳述集20190604 岩下和雄原告、毛利弁護士・田篭弁護士・鍋島弁護士の意見陳述原稿。

〇「ほたるの川のまもりびと」の法廷での上演申出 被告不同意 裁判所却下

〇証人尋問については、

⑴ 尋問期日  7月17日
⑵ 嶋津暉之さん 主尋問90分,反対尋問30分
原告6名の氏名は上申書の通りで、一人あたり主尋問20~25分、反対尋問5~10分。

双方が提出した書面

〇原告側

〇被告側

今後の進行については、

マスコミ報道

石木ダム訴訟 原告ら意見陳述 地裁佐世保 /長崎
2019年6月5日 毎日新聞   「この日の報告」に記載

次回期日

第12回 2019年7月17日

証人尋問

〇こうばる地区住民原告
こうばる地元住民として置かれているそれぞれの状況から、石木ダムの問題を語りました。
〇佐世保市在住原告

双方が提出した準備書面等

審理

次回

この日の報告とマスコミ報道

↑ このページの先頭へ戻る