水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 最上小国川ダムの情報 > 最上小国川の治水と内水面漁業振興の協議についての緊急要請(2014年1月27日)

ニュース

最上小国川の治水と内水面漁業振興の協議についての緊急要請(2014年1月27日)

2014年1月28日
カテゴリー:
最上小国川の清流を守る会は山形県知事に対して「最上小国川の治水と内水面漁業振興の協議についての緊急要請」を行いました。要請文書とその新聞記事は下記のとおりです。
2014年1月27日
山形県知事 吉村美栄子 様
最上小国川の清流を守る会
共同代表
 高桑順一
川辺孝幸
草島進一最上小国川の治水と内水面漁業振興の協議についての緊急要請昨年末の内水面漁業権の許認可をめぐる県の行動は、「冷たい県政」「前代未聞の暴挙」とも報道され、県民の間に県政のあり方に不安と不信の念をいだかせました。その後、県は小国川ダム建設を前提とした町当局、地元関係者、小国川漁協との協議を今月末に行う事を明らかにしました。
これまで県は「ダムに拠らない治水」方策を主張する県民代表や河川工学の専門家を排除して「ダムありき」で治水計画の検討を進めてきた経緯があります。今回の協議会も又、ダムによらない治水を求める県民や専門家が排除されています。更に県は今回の協議会を非公開でおこなおうとしているようですが、河川法の本意に拠れば、こうした協議は公開が原則です。多くの県民、そして全国からこの川に釣りに来る多くの方々が関心をもっている案件であり、当然公開の場で議論すべきであり、非公開でおこなうべき理由はありません。以上を踏まえ、以下の事を要請します。

1)協議会を完全公開にすること。
2)「ダムに拠らない治水」を求める県民代表と専門家を協議会に参加させること
3)協議会主催で、「ダム治水論者」、「ダムに拠らない治水論者」を同数同等に交えた公開討論会をおこなうこと。
4)最上小国川ダム建設予算を凍結し、来年度予算に盛り込まないこと

“最上小国川の治水と内水面漁業振興の協議についての緊急要請(2014年1月27日)” への2件のフィードバック

  1. 小関玲子 より:

    私は新庄市民で、流域住民ではありませんが、ダムを作ることには反対です。

    • suigenren より:

      コメント、ありがとうございます。
      その様に頑張りたいと思います。
      これを機会によろしくお願い致します。

      ところでこのページの存在をどのようにしてお知りになられたのか教えていただけませんか。

      遠藤保男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る