水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > キャンペーン石木ダムの情報 > 石木ダム問題の意見広告(パタゴニア)「失うものは美しいもの 水は足りています  ダムは ほんとうに必要か皆で考えましょう」

ニュース

石木ダム問題の意見広告(パタゴニア)「失うものは美しいもの 水は足りています  ダムは ほんとうに必要か皆で考えましょう」

2015年5月4日
カテゴリー:
4月22日の朝日新聞全国版、23日の長崎新聞、25日の東京新聞全国版にアウトドア衣料の会社のパタゴニアが石木ダム問題の意見広告を掲載しました。
「失うものは美しいもの 水は足りています  ダムは ほんとうに必要か皆で考えましょう」
というタイトルの全面広告です。さすがにパタゴニアはスケールが違います。石木ダム問題の意見広告(パタゴニア) をご覧ください。

同じ内容のものですが、朝日新聞および東京新聞に掲載されたものは次のとおりです。

朝日新聞意見広告20150422(石木ダム問題)

東京新聞意見広告20150425(石木ダム問題)

石木ダム問題への関心を高めて、何としても強制収用を阻止したいと思います。

“石木ダム問題の意見広告(パタゴニア)「失うものは美しいもの 水は足りています  ダムは ほんとうに必要か皆で考えましょう」” への1件のコメント

  1. 角田東一 より:

    冷静で論理的で情緒的、とても素晴らしい意見広告です。
    それにしても行政の、一度決まったら今必要なくても止めない体質は全国共通ですね。
    市民がもっと声を出さねばいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る