水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 報道川辺川ダムの情報 > 流水型ダムに「一定の理解」 矢上雅義衆院議員(立憲民主党 熊本 4 区)

ニュース

流水型ダムに「一定の理解」 矢上雅義衆院議員(立憲民主党 熊本 4 区)

2020年12月26日
カテゴリー:

矢上雅義衆議院議員(立憲民主党 熊本 4 区)が流水型ダムの川辺川ダムに一定の理解を示すという記事を掲載します。

このHPに掲載するかどうか、迷った記事です。というのは、矢上氏は2001年~08年に相良村長で、2008年には川辺川ダム反対を表明していたからです。

2008年に当時の田中信孝・人吉市長と矢上・相良村長が川辺川ダム計画に反対の意思を鮮明にしたので、それを受けて蒲島郁夫・熊本県知事が川辺川ダムの白紙撤回を表明しました。

いわば、矢上氏は2008年当時の川辺川ダム計画中止の立役者の一人でしたが、その人が今回、川辺川ダム容認に変わってしまったのです。

今年7月の球磨川水害では、球磨川・人吉の 7 月 4 日朝の状況について矢上氏がツィートで水の手橋を撮った録画を流しました。

http://suigenren.jp/wp-content/uploads/2020/11/361f6d973f10e8d2b20ce0e5a6afa36b.pdf

その8 時 40 分の映像を見ると、球磨川の水位は水の手橋の路面を少し下回るレベルになっており、本洪水の規模を考える上で重要な情報を提供していると思います。

そのことはともかく、矢上氏が川辺川ダム容認に変わってしまったのは本当に残念です。

 

流水型ダムに「一定の理解」 矢上雅義衆院議員

(朝日新聞2020年12月23日 9時30分)https://digital.asahi.com/articles/ASNDQ6TLZNDDTLVB004.html

(写真)矢上雅義氏=2020年12月12日午前11時10分、熊本県八代市旭中央通、伊藤秀樹撮影

【熊本】――蒲島郁夫知事は11月19日、川辺川に治水専用の流水型ダムを整備することを軸とした「緑の流域治水」を打ち出しました。2008年には相良村が建設予定地である川辺川ダム計画の「白紙撤回」を表明しています。どう受け止めましたか。

「私も相良村長時代にダムによらない治水を求め、蒲島知事と同じ立場でした。そもそも多目的ダムとしての川辺川ダム計画は利水訴訟福岡高裁での国の逆転敗訴(03年)や電源開発の発電事業からの撤退(07年)で事実上、法的に崩壊していました」

「蒲島知事が初当選したのは08年で、知事に責任はありません。知事がダムを止めたわけではなく、後処理をしただけ。知事がダムを止めたから洪水が起きたという批判はでたらめだ」

「私は相良村長になる前の1997年、多目的ダムの限界が見えていたことから川辺川ダムは治水専用ダムにした方がいいと建設省に申し入れた。流水型ダムを含めた蒲島知事の苦渋の決断は、一定の理解を示せる。ただ、大きく基本方針が変わった以上は、県民から誤解を受けることがないように流水型ダムの具体的な治水効果や球磨川に与える環境影響を丁寧に検証し、情報公開に全力を尽くしてほしい」

――蒲島知事の「白紙撤回」以降、国や県、流域市町村はダムによらない治水の検討を続けてきましたが、抜本的な治水策を実施できませんでした。

「知事だけの責任ではない。知事だけの努力不足ではない。理由は簡単です。ダムによらない流域治水を確立することは国土交通省を全否定することになります。ダムに頼らずに流域治水ができることを示すと、流域市町村長としては国交省に弓を引くことになる」

「市町村長がダムによらない治水対策で知事が何もしてくれなかったと言うのは本末転倒です。責任は市町村長にもある。市町村長が本気になれば、調整池や遊水地、堤防をひくといったことができたはずです」

――川辺川ダム計画は民主党政権時代に計画が中止された。立憲民主党としては。

「民主党ではダム事業の見直しというのが以前あったが、立憲民主党としては地域や地元行政の意向を尊重することになっています。今回の問題に党として介入することはない」(伊藤秀樹)

やがみ・まさよし 1960年、相良村出身。衆院議員(比例九州ブロック、立憲)。93年に日本新党から衆院旧熊本2区で初当選、新進党に参加し96年衆院選で再選。2001年~08年に相良村長。17年の衆院熊本4区で比例復活当選。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ このページの先頭へ戻る