水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > キャンペーン

ニュース

キャンペーン

映画「ほたるの川のまもりびと」DVD

2020年3月17日
カテゴリー:

2018年公開の石木ダム問題の映画「ほたるの川のまもりびと」がDVD化されました。
かけがえのない13家族の生活と自然、石木ダム事業の理不尽さがしっかり伝わってくる素晴らしい映画です。
映画館等でご覧になった方も多いと思いますが、DVDで再度ご覧になり、周りの方にDVDの購入を勧めてくださるよう、お願いします。

DVDはこうばるショップで取り扱っています。

https://koubarushop.buyshop.jp/items/27104237

映画「ほたるの川のまもりびと」DVD  ¥ 4,180
※こちらの価格には消費税が含まれています。
※送料は別途発生します。全国一律 510円
※販売利益の25%が「まもりびとを支援する活動」に寄付されます。

多くの著名人が絶賛!
「美しい川、ホタル、人々の暮らし、この映画を見て泣きたくなるほどの幸せを感じました。(加藤登紀子さん)」
「映像になった光を、笑顔を、せせらぎを見れば、きっとあなたも『ここをなぜ破壊しなければならないのか』と思うだろう。この里山には日本の課題すべてが詰まっている。(いとうせいこうさん)」

【あらすじ】
朝、子どもたちが学校に行く、父と娘がキャッチボールをしている、季節ごとの農作業、おばあちゃんたちがおしゃべりをしている。それは一見、ごく普通の日本の田舎の暮らし。昔ながらの里山の風景が残る、長崎県川棚町こうばる地区にダム建設の話が持ち上がったのが半世紀ほど前。50年もの長い間、こうばる地区の住民たちは、ダム計画に翻弄されてきました。現在残っている家族は、13世帯。長い間、苦楽を共にしてきた住民の結束は固く、54人がまるで一つの家族のようです。ダム建設のための工事車両を入れさせまいと、毎朝、おばあちゃんたちは必ずバリケード前に集い、座り込みます。こんなにも住民が抵抗しているのに進められようとしている石木ダム。この作品には「ふるさと=くらし」を守る、ぶれない住民ひとりひとりの思いがつまっています。

【スタッフ】
監督・製作・編集 山田英治 / プロデューサー 辻井隆行 江口耕三 / 撮影 百々新 / 編集 豊里洋 / 編集監修 安岡卓治 / 音楽 青空
制作:社会の広告社 2017年 / 日本 / 86分 / デジタル / 16:9 / ドキュメンタリー 配給:ぶんぶんフィルムズ

2.13 「石木ダム強制収用を許さない! 東京行動」でエールの交換を!!

2020年2月1日
カテゴリー:

2月13日、石木ダムに生活の場合の所有権を奪い取られた13世帯の皆さん、弁護団皆さんが上京されます!

当日用のチラシ (2020年2月11日現在)
・共催・賛同・後援団体名を記載しました。
・「参加予定」の知らせを受けている国会議員名を記載しました。
・日々、更新しています。

長崎県・石木ダム建設のために、川原(こうばる)地区 13 世帯の人たちが住まいや田畑を強制収用され、ふるさとが奪われようとしています。

必要性のないダムのために、「強制収用」という人権侵害が行われることに対する抗議の声が広がっています。 石木ダムの事業認定取消訴訟では福岡高等裁判所が昨年11月、棄却判決を出しました。この司法の役割放棄を許さないため、最高裁判所に上告しました。

  • 最高裁には「司法の役割放棄を許さない」
  • 石木ダムに対して巨額の補助金を支出し続ける国土交通省と厚生労働省には「国の責任として、石木ダムの必要性を見直しさせる」
  • 首都圏の人たちには石木ダム事業の虚構と川原地区13世帯皆さんの想いを伝える・・・!
  • そして何よりも、支援者皆さんが「石木ダム中止!」のエールを送り合う行動日です!!

2020/2/13「石木ダム強制収用を許さない! 東京行動」

  • 13時~14時 最高裁判所への要請行動(調整中)と上告集会
    集合場所と集合時刻  最高裁脇の 三宅坂小公園 13時
  • 15時~16時半 「国交省、厚労省への要請」(公共事業チェック議員の会ヒアリング)
    場所  衆議院第一議員会館大会議室
    当方からの参加者 弁護団、13世帯住民、支援者

ヒアリング事項

20200213厚労省ヒアリング質問事項
20200213国土交通省ヒアリング事項

  • 17時~ 「石木ダム強制収用を許さない! 東京集会」
    場所  衆議院第一議員会館大会議室
    資料代 500円開始時刻 17 時
    16:30 より 1 階ロビーで入館票を交付します。

目的

・ 川原地区13世帯の人たちの想いを伝えます。
・ 「石木ダムは不要!」、誰もが自信を持てます。
・ 「石木ダム不要! 私はこう思う!」、エールを交換しあいましょう。

内容

・ 「わたしはこうばるがだいすきです」子どもたちからのメッセージ(ビデオ上映)
・ ふるさとを守る活動を続けています 岩下和雄さん
・ 石木ダムの必要性は失われている 嶋津暉之さん
・ 石木ダム裁判の現状 石木ダム事業認定取消訴訟弁護団
・ 「強制収用を許さない」賛同のよびかけ 石木ダム強制収用を許さない議員連盟
・ 国会議員から連帯のあいさつ(随時)
・ 参加団体から連帯のアピール

共催団体:

石木ダム建設絶対反対同盟等の地元7団体•石木ダム建設絶対反対同盟、石木川の清流を守り川棚川の治水を考える町民の会、石木ダム建設に反対する川棚町民の会、水問題を考える市民の会、石木川まもり隊、石木川の清流とホタルを守る市民の会、いしきを学ぶ会石木ダム対策弁護団石木ダム強制収用を許さない議員連盟石本ダム・強制収用を許さない県民ネットワーク公共事業改革市民会議、江戸川区スーパー堤防取消訴訟を支援する会、東京の水連絡会、外環ネット,ラムサール・ネットワーク日本,中部横断自動車道八ヶ岳南麓新ルート沿線住民の会,横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会,水源開発問題全国連絡会(水源連)

後援団体: 公共事業チェック議員の会, 道路住民運動全国連絡会

賛同団体:八ッ場ダムをストップさせる千葉の会 八ッ場あしたの会

三宅坂小公園と衆議院第一議員会館 の地図

共催団体、賛同団体の皆さんには、各自の団体の皆さんにこのイベントへの参加を呼び掛けていただくことをお願いしています。共催団体、賛同団体を引き受けていただいている団体の名称は、チラシと当日の配付資料に掲載させていただきます。
引き受けていただける場合は、mizumondai@xvh.biglobe.ne.jp  (水源連事務局 遠藤保男)までご一報をお願いいたします。

 

 

「石木ダムを断念させる全国集会in 川棚」と水源連第26回総会

2019年9月21日
カテゴリー:

石木ダム問題はきわめて重要な局面に来ています。
すでに9月19日までの期限で石木ダム予定地の地権者の所有権が国に移り、家屋を含まない土地の明渡期限が9月19日になっています。
そして、家屋を含む土地の明渡期限が11月18日(月)になっています。
この11月18日の前日、11月17日(日)に川棚町で全国集会チラシのとおり、「石木ダムを断念させる全国集会in 川棚」を開きます。
それに合わせて、11月16日(土)~17日(日)に下記の通り、水源開発問題全国連絡会の第26回総会を開きます
是非、ご参加くださるよう、お願いします。

「石木ダムを断念させる全国集会in 川棚」と水源連第26回総会

日程

  • 11月16日(土)
    • 14時     JR大村線・川棚駅の駅前に集合
    • 14時~17時 マイクロバスで川棚川周辺と石木ダム予定地を視察
    • 18時~20時 地元の方と夕食・懇親会 川原(こうばる)公民館(川棚町岩屋郷1245番5)
    • 20時30分  国民宿舎「くじゃく荘」にタクシーで移動し宿泊
    • (川棚町小串郷272 電話0956-82-2661)
  • 11月17日(日)
    • 9時~12時 水源連第26総会 川棚町中央公民館・2階講堂(川棚町公会堂の隣)
    • 13時~17時 石木ダム問題全国集会 川棚町公会堂(川棚町中組郷1506)
    • 17時   解散
  • 11月18日(月)
    • 10時~11時 長崎県庁への行動(9時30分に県庁1階ロビーに集合)
    • 13時30分  石木ダム工事差し止め訴訟口頭弁論(長崎地方裁判所佐世保支部)

11月18日の行動に参加される方は各自、長崎市内などに宿泊を予約してください。

参加費
合計 13,100円(マイクロバスとタクシー代含まず)
内訳
・宿泊(朝食付き) 10600円
・夕食・懇親会     1000円
・ 総会昼食代     1000円
・全国集会資料代     500円
・現地視察(マイクロバス代) 未定
・川原(こうばる)公民館から宿舎までのタクシーが別途必要です。(1台2500円相乗り)

参加申し込み
2019参加申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファックスで事務局にお送り下さい。  メールの場合は申込書の記入事項と同じ内容を事務局にお送りください。
水源連事務局 〒223-0064 神奈川県横浜市港北区下田町6-2-28
電話・ファックス  045-877-4970
メール mizumondai@xvh.biglobe.ne.jp
申込み締め切り
10月20日(日)必着

 

水源開発問題全国連絡会の第26回総会の議題(予定)

〇 各地からの報告
〇 ダムをめぐる経過と現状
〇 石木ダム予定地の強制収用問題 〇 利水問題(水需要の減少で水余りが一層進行する時代を踏まえて)
〇 治水問題(鬼怒川水害と西日本豪雨災害を踏まえて)
〇 水道民営化問題
〇 これから運動をどう展開するか
〇 その他

石木ダム問題の映画「ほたるの川のまもりびと」の上映情報

2018年12月9日
カテゴリー:

石木ダム問題の映画「ほたるの川のまもりびと」の上映情報を掲載します(2月5日現在)。

https://hotaruriver.net/theaters/

美しい里山に暮らす13家族の生活と自然、石木ダム事業の理不尽さがしっかり伝わってくる素晴らしい映画です。
まだ観ていない方は是非、ご鑑賞ください。
また、周りの方にもこの映画の鑑賞をお勧めください。

自主上映    埼玉 http://kamanaka.com/theater/area02/9860/【共 催】八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会+埼玉リレーカフェ 2019年3月31日(日)

自主上映   神奈川 http://kamanaka.com/theater/area02/9873/ 【主催】ナマケモノ倶楽部 2019年2月27日(水)
自主上映   東京 http://kamanaka.com/theater/area02/9901/ 【主催】自然環境復元協会 2019年2月24日(日)
自主上映   東京 http://kamanaka.com/theater/area02/9604/ 【主催】関東弁護士会連合会 2019年3月15日(金)
自主上映 東京 http://kamanaka.com/theater/area02/9639/ 【主催】隣町珈琲  2019年2月19日(火)
自主上映 東京 http://kamanaka.com/theater/area02/9646/ 【主催】江古田映画祭実行委員会  2019年3月9日(土)
自主上映 東京 http://kamanaka.com/theater/area02/9383/ 【主催】 act634府中  2019年4月14日(日)
自主上映 東京 http://kamanaka.com/theater/area02/9501/ 【共催】 株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング /キャスレー・コンサルティング株式会社 2019年2月28日(木)
自主上映 千葉 http://kamanaka.com/theater/area02/8774/ 【主催】成田平和映画祭実行委員会 2019年2月2日(土)
自主上映 東京 http://kamanaka.com/theater/area02/8511/【主催】EARTH VISION多摩 実行委員会 2019年2月16日(土)

自主上映 愛知 http://kamanaka.com/theater/area03/8953/ 【主催】「ほたるの川のまもり人」自主上映東三河の会 2019年1月20日(日)

自主上映 大阪http://kamanaka.com/theater/area04/9776/【主催】ほたるの川のまもりびと上映実行委員会 2019年2月16日(土)

劇場 大阪 http://www.nanagei.com/  06-6302-2073   2019年3月16日(土)~3月25日(金)

鬼怒川水害訴訟を支援しよう

2018年9月26日
カテゴリー:

2015年9月の関東・東北豪雨では鬼怒川下流部で堤防が決壊し、無堤地区で大規模な溢水があって、その氾濫が茨城県常総市の鬼怒川左岸側のほぼ全域におよび、凄まじい被害をもたらしました。

鬼怒川水害は決して自然災害として片づけられるものではありません。ダム建設に河川予算を注ぎ込み、河道整備を疎かにする国土交通省の誤った河川行政がもたらした水害であるといっても過言ではありません。

鬼怒川下流部では流下能力が著しく低く、氾濫の危険性があるところが長年放置されてきたことにより,(利根川への合流点から)21㎞付近の上三坂地区で堤防決壊、25㎞付近の若宮戸地区で大規模な溢水が引き起こされました。

上三坂も若宮戸も氾濫の危険性が極めて高いところであることを国は認識していながら、放置してきており、国の責任は重大です。

そこで、国家賠償法により、被災者22世帯の方が国に対して損害賠償を求める裁判を起こしました。本年8月7日に水戸地方裁判所下妻支部に提訴しました。弁護士11人が本裁判を担っています。

この裁判を力強いものにし、勝訴の判決を得るためには、支援の輪を大きく広げていくことが必要です。
そこで、裁判を物心両面で支えていくため、「鬼怒川水害裁判を支える会」が結成されました。「鬼怒川水害裁判を支える会」をお読みいただき、皆様も是非、本会に加入して、国の河川行政の誤りを正す取り組みを支援してくださるよう、お願いいたします。

鬼怒川水害の原因と責任については 「鬼怒川水害は国の責任」をお読みください。

↑ このページの先頭へ戻る