水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 各地ダムの情報

ニュース

各地ダムの情報

「事業認定」の申請取り下げと、ダム計画中止を要請

2012年12月29日
カテゴリー:

長崎県石木ダム建設事務所に要請行動

2012年12月19日、石木ダム建設反対の5団体が連名で反論書(20121219県の回答書への反論書 244kb)を県に提出し、抗議の申し入れを行いました。

この反論書は県との話し合いの場には参加しない反対同盟の気持ちを込めた文書です。皆さんもじっくりお読みください。

この反論書読み上げを聞いた上でも、長崎県の担当者は「事業認定申請は取り下げない」と明言しましたし、「知事名で返事をするかどうかは知事に聞いてみないとわからない、ここでは何も言えない」との対応でした。
(現地からの報告)

NHK速報記事
住民が石木ダム建設反対申入れ

川棚町に建設が予定されている石木ダムをめぐり、建設に反対する市民グループが県に対して土地の強制収容を可能にする「事業認定」の申請を取り下げ、ダム計画を中止するよう求めました。
県と佐世保市が川棚町に建設を計画している石木ダムをめぐっては、ことし9月、中村知事が国土交通省九州地方整備局に対し、土地の強制収容を可能にする「事業認定」の手続きを進めるように要請しました。
これに対し、ダムの建設に反対する市民グループの10人が、19日、川棚町にある県のダム建設事務所を訪れました。
市民グループ側は「佐世保市では人口減少で水の需要が減っていて新たなダムは不要だ」などとダム計画の中止を求め、「地権者の理解を得ようとしないまま土地の強制収容を可能にする事業認定の手続きを進めるのは考えられない」として事業認定の申請を取り下げるよう求めました。
これに対し、県土木部河川課の川内俊ヒデ企画監は「事業認定は話し合いを妨げるものでなく国がダム事業について客観的に判断するものであり取り下げる考えはない」と述べました。
申し入れのあと、市民グループの松本美智恵さんは「県はダムは必要だという一点張りで議論が進まない。事業認定が通ると地権者の土地が取り上げられることになるので許せない」と話していました。  NHK
12月19日 21時03分

南摩ダムに反対 市民団体意見書 ( 読売新聞栃木版 2012年12月27日)

2012年12月27日
カテゴリー:

「ムダなダムをストップさせる栃木の会」は栃木県の水道用地下水削減方針に対する意見書(476KB)を栃木県に提出しました。栃木県は12月26日まで栃木県南地域の水道用地下水を削減する基本方針についてパブリックコメントを行ってきました。これは、必要性が全くなくなった、栃木県の思川開発(南摩ダム)への参加を無理矢理、理由づけようというもので、基本方針には事実に基づかないことが多々書かれています。栃木の会の意見書は県の基本方針の誤りを糺すために提出したものです。

南摩ダムに反対 市民団体意見書 ( 読売新聞栃木版 2012年12月27日) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20121227-OYT8T00066.htm

国土交通省が計画し、現在は一時凍結となっている鹿沼市の南摩ダム(思川開発)事業について、
市民団体「ムダなダムをストップさせる栃木の会」(高橋信正代表)は26日、福田知事に対し「必要ない」とする意見書を提出した。
県は同事業について、水道水を地下水に依存する県南地域での代替水源として事業を推進。
意見書では「水道需要は減少傾向にあり、地下水は汚染もされていない。地下水依存率が高いことは何も問題ではない」と主張している。
また、給水するには追加投資200億円以上が必要になるとして、「巨額の投資を今後行うことはあり得ず、実現性は皆無」などと批判した。

サンルダム:事業継続決定 「科学的説得力ない」 研究者ら、継続批判し意見書 (毎日新聞北海道版 2012年12月23日)

2012年12月24日
カテゴリー:

サンルダム:事業継続決定 「科学的説得力ない」 研究者ら、継続批判し意見書 (毎日新聞北海道版 2012年12月23日) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121223-00000028-mailo-hok

道内の研究者などで作る北海道淡水魚保護ネットワークは、国が事業継続を決定したサンルダムについて、「サンル川のサクラマスとカワシンジュガイは世界の貴重な自然遺産」として、
ダム建設による河川生態系への影響の科学的な評価を改めて実施し、実効ある保護・保全手法を検討することを求める意見書を国土交通相、環境相、北海道開発局長、知事に送った。
同ネットは国のダム事業の再検証で、環境保全処置で影響を最小化することが可能とした判断について、「最小化の定義が不透明なままの判断に科学的な説得力はない。
生物多様性の保全について具体策がほとんど提示されないまま建設継続を妥当としたことは極めて重大な問題」と指摘している。
同ネット代表の帰山雅秀・北大大学院教授は「サクラマスやカワシンジュガイは世界に誇る北海道の豊かな河川生態系の象徴で、サンル川はその最後のとりでだ」と話した。【横田信行】

ダム計画:淀川水系1850万立方メートルが余剰(毎日新聞関西版 2012年12月23日)

2012年12月23日
カテゴリー:

「川上ダム計画が規模縮小など見直しを迫られるのは必至だ。」という記事です。川上ダムは水資源機構のダムですので、利水目的がなくなれば、水資源機構が進めることは制度面でできなくなり、計画の根本からの見直しが必要となります。今後の展開が楽しみです。

ダム計画:淀川水系1850万立方メートルが余剰(毎日新聞関西版 2012年12月23日)http://mainichi.jp/select/news/20121223k0000e040131000c.html

淀川水系のダムに水利権を持つ大阪府の企業団や京都府などが、水需要の減少によって4ダムで計1850万立方メートル以上の水が余っており、治水などに転用できると、国土交通省近畿地方整備局に伝えていたことが分かった。
水余りでダムを満杯にする必要がなければ、空いている容量を洪水時の水量調節などに活用できる可能性がある。必要性が再検証されている同水系の川上ダム(三重県伊賀市)の治水用の貯水量を、余剰水量は上回っている。
同ダム計画が規模縮小など見直しを迫られるのは必至だ。
国交省は10年9月、本体未着工のダムを対象に再検証を指示。近畿地整も川上ダムの代替措置を検討し、用途の転用が可能な既存ダムの水量を自治体などに質問した。
その結果、高山ダム(京都府)760万トン▽日吉ダム(同)320万トン▽青蓮寺ダム(三重県)670万トン▽比奈知ダム(同)140万トンが転用可能と判明した。
利水者ごとの水量は、大阪広域水道企業団(旧大阪府営水道)896万立方メートル▽大阪市769万立方メートル▽京都府189万立方メートル。兵庫県尼崎市は、未確定だが最大で35万立方メートル。
川上ダムは、大阪府や京都府などが受益に応じて整備費用を負担する。総貯水量は3100万立方メートル。
用途は、淀川下流域などの洪水調節容量(治水)が1440万立方メートル▽水道用水が350万立方メートル▽高山など他の淀川水系4ダムに堆積(たいせき)した土砂を除去する際に下げる水位の相当分を、代わりにためる代替貯水量830万立方メートル??を含む。
水位を下げるのは、水中の土砂を地上に露出させて作業効率を上げるため。水余りに伴いダムの水位を下げることができれば、代替貯水は不要となる。治水についても、余剰水量の活用を組み込んだ代替案などを、近畿地整が検討している。
近畿地整は「治水効果はさまざまな要因があって貯水量だけで評価できない。川上ダムの代替の可能性については今後広く意見を求めたい」と話している。
大阪府に対しては、川上ダムの位置から余剰水量の活用で治水を全ては代替できないと説明したという。一方、宮本博司・元近畿地整淀川河川事務所長は「4ダムの余剰水量は極めて多い。
他の要因で川上ダムの治水効果が高いとしても、規模は大幅に縮小できる可能性がある」と話す。
川上ダムは治水や利水などの多目的ダム。1993年に事業実施計画が認可されたが、本体工事には着手していない。
奈良県と兵庫県西宮市が水余りのため撤退して利水容量を3分の1以下に減らしたが、09年に代替貯水を用途に加えて規模は変えずに事業を続けている。【大島秀利】

新内海ダム、試験湛水開始 反対派「裁判続ける」 香川(2012年12月22日)

2012年12月22日
カテゴリー:

香川県小豆島の新内海ダムの試験湛水が昨日始まりました。「寒霞渓の自然を守る連合会」の山西さんのお話「小豆島に観光に訪れる人は、人工的な物ではなく、自然物を見て心をいやすために来ている。寒霞渓はそのメーンなのに、わざわざ壊すなんて。」のとおりです。
新内海ダムの建設は、小豆島の素晴らしい景勝地「寒霞渓」を台無しにする愚行以外の何ものでもありません。
裁判の闘いは続きます。

新内海ダム、試験湛水開始 反対派「裁判続ける」 香川(朝日新聞 2012年12月22日)
http://digital.asahi.com/articles/OSK201212210152.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_OSK201212210152

(写真)試験湛水が始まった新内海ダム=小豆島町神懸通
(写真)新内海ダムの仮排水トンネルを閉じる作業員ら=小豆島町神懸通
【太田成美】建設が進められている小豆島町の「新内海ダム」で21日、水を一杯になるまでためて安全性を確認する「試験湛水(たんすい)」が始まった。既存の内海ダムは役目を終え、この日、新ダムからの水道水の取水も始まった。
午前9時半からの湛水式には、工事関係者ら約65人が参加した。塩田幸雄・小豆島町長は「内海ダムは治水、利水の両面で脆弱(ぜいじゃく)だった。小豆島の自然、文化、産業を守っていくには強靱(きょうじん)なダムがあることが不可欠」と述べた。
神事の後、別当川の水を排水していた仮排水トンネルを閉じ、貯水を始めた。続いて、内海ダムからの水の引き込みも開始した。23日にも水の移し替えが完了するという。
新内海ダムは、別当川のはんらん防止と、水道水や農業用水の確保を目的に2010年4月から本体の建設が始まった。総事業費は185億円で、既存の内海ダムの7.6倍の106万トンを貯水できる。
堤防の高さは43メートル、長さは423メートルで、早明浦ダム(高知県)の400メートルを上回り、四国では最長。ダム本体の完成は来年3月25日を予定している。
試験湛水では、最高水位である総貯水量の106万トンまで水をためた後、平常時の水位(48万トン)まで下げる。ダム本体の漏水の程度や、周囲の斜面に崩れがないかなどを確認する。県によると、最高水位に達するのは、平均的な降水量の場合で14年5月ごろ。
新内海ダムを巡っては、09年に政権についた民主党の前原誠司国土交通相(当時)が建設の再検討を打ちだしたが、県や町が反発し、結局10年春に検討対象から外された。
景観が破壊されるなどとして建設に反対してきた「寒霞渓の自然を守る連合会」の山西克明代表(73)は「小豆島に観光に訪れる人は、人工的な物ではなく、自然物を見て心をいやすために来ている。
寒霞渓はそのメーンなのに、わざわざ壊すなんて」と落胆した。山西さんらは建設中止を求める民事訴訟を続けている。「建設はおかしかったと子や孫のために裁判記録に残したい。それが私の役目だ」と話した。

新内海ダムで試験湛水スタート 26年春に使用開始 香川・小豆島 (産経新聞 2012年12月22日) http://sankei.jp.msn.com/region/news/121222/kgw12122202040000-n1.htm

香川県などが小豆島町神懸通で建設中の新内海ダムで21日、試験湛水(たんすい)が始まった。ダム本体は来年3月に完成予定で、平成26年5月ごろの使用開始を目指し、ダム湖に水を貯めながら機能や安全性などを確認する。
試験は、ダム堤内の工事用仮排水口を鋼鉄製ゲート(高さ3・7メートル、幅3・2メートル)で閉鎖し、降雨が順調なら26年春には貯水量が最高水位(79メートル)まで到達、その後、平常時貯水位(70メートル)まで1日1メートルずつ水位を下げる。
この間、放流設備の稼働状況や基礎岩盤、ダム湖周辺の地山の安全性などを点検・観測し、不具合がなければ使用が始まる。
この日は現地で式典があり、県や町の職員、地権者ら約70人が出席。安全祈願の神事に続いて、クレーンにつり下げられた閉鎖ゲートが排水口に設置され、参加者は万歳三唱で試験的な貯水開始を祝った。
新内海ダムはコンクリートの重さで水圧を支える重力式コンクリートダムで、堤の高さ43メートル、堤頂部の長さ423メートル。総貯水量は現在のダムの7倍超の106万トン。
流域の洪水対策や水道水供給などを目的に、別当川総合開発事業の一環として22年4月に本体工事が始まった。総事業費は約185億円。

新内海ダム:試験湛水 関係者ら安全祈願 来年3月の完了目指す−−県と小豆島 /香川 (毎日新聞香川版 2012年12月22日) http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20121222ddlk37040583000c.html
県と小豆島町が同町神懸通で建設を進めている新内海ダムで21日、試験湛水(たんすい)が始まった。本格運用の前に、水をためてダム本体や貯水池周辺の安全性を確認する作業。ダム工事現場では、関係者が湛水式を開き、作業の安全を祈った。【秋長律子】
式には、県、町、工事関係者ら約70人が出席。安全祈願の神事、工事経過報告に続き、関係者ら5人がゲートを降下させるボタンを押すと、ダム下部にある排水路が閉鎖され、貯水が始まった。
 試験湛水はダムの本格運用を開始する前に、貯水位を上昇、下降させ、ダム堤体や基礎地盤、貯水池周辺の土地や山などに異状がないかなどを確認するのが狙い。
 今後は洪水時の最高水位(サーチャージ水位)である標高79メートルまで満たした後、平常時の貯水位(常時満水位)である標高70メートルまで1日に1メートルずつ降下させ、設備や周辺環境の安全性を調べる。
 平均的な降雨があれば、2014年5月ごろを目途に作業を終え、本格的な運用が始まる見通し。
 新内海ダムは総貯水量106万トン、総事業費185億円。09年度に本体工事に着手し、10年9月からはダム本体のコンクリート打設工事を進めており、来年3月の完了を目指している。
新内海ダム試験湛水開始/漏水や地滑りチェック (四国新聞 2012年12月22日) http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20121222000158
(写真) 試験湛水が始まった新内海ダム=香川県小豆島町神懸通
 香川県と小豆島町は21日、香川県小豆島町神懸通で建設中の新内海ダムの安全性と機能を確認する試験湛水(たんすい)を始めた。試験湛水により、旧内海ダムは使用を中止、新ダムを仮運用する。本格運用は2014年5月の見込み。
  試験湛水はダム建設の最終段階の検査で、最高水位(標高79メートル、106万トン)まで水をため、平常時の水位(同70メートル、48万トン)まで毎日1メートルずつ低下させながら、ダム本体の漏水や周辺ののり面で地滑りが起きないかなどを確認する。
  湛水式には県や町、地元関係者ら約65人が出席。神事の後、塩田小豆島町長らがボタンを押すと、ダム底の仮排水路が封鎖され、別当川の水がせき止められた。出席者は貯水が始まると、万歳三唱で祝った。
  新内海ダムの貯水量は旧ダムの約7・5倍の106万トン、総事業費は約185億円。09年度に本体工事に着手し、12年9月にダム本体のコンクリートの最終打設が行われた。今後、周辺環境整備などを進め、13年度中の事業完了を目指している。

 

↑ このページの先頭へ戻る