水源連:Japan River Keeper Alliance

水源開発問題全国連絡会は、ダム建設などと闘う全国の仲間たちのネットワークです

ホーム > ニュース > 八ッ場ダムの情報

ニュース

八ッ場ダムの情報

八ッ場ダム本体工事の基礎掘削量が約60万㎥から約84万㎥へと、1.4倍に

2016年10月5日
カテゴリー:
八ッ場ダム本体工事の基礎掘削量が約60万㎥から約84万㎥へと、1.4倍に増えることが明らかになりました。
「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」(事務局長 入江晶子千葉県議)が千葉県に対して、第5回八ッ場ダム基本計画変更案について質問書を提出したところ、県から回答が出ました。
八ッ場あしたの会がその回答をコメント付きでHPに掲載しましたので、ご覧ください。
http://ur2.link/yNuy
千葉県の回答は、国交省の説明を鵜呑みにした主体性のないものですが、その中で注目すべきことは、
「3ー8  今回の計画変更案では、基礎掘削量は約70万㎥から約84万㎥、コンクリート量は約91万㎥から約101万㎥になったと聞いている」
と答えていることです。
ここで、基礎掘削量は「約70万㎥から」となっていますが、これは誤りで、八ッ場ダム本体工事入札公告時の基礎掘削量の設計値は八ッ場ダム本体工事入札公告2014年1月8日の通り、約60万㎥です。
60万㎥から84万㎥へですから、4割も増加することになり、大幅な増加です。
これは基礎岩盤の掘削で想定外の脆弱な地層に遭遇したことによるものです。
このため、ダム本体の基礎掘削は今年4月に終わる予定でしたが、今なお続けられており、今後の見通しも明らかにされていません。
6月から本体打設工事に入ったという報道がありましたが、それはダム本体の裾野と言うべき減勢工の部分でコンクリート打設を形だけ始めただけであり、本来のダム本体の打設工事、堤体部の打設工事ではありません。
本来の本体打設工事が今後、どうなるのか、八ッ場ダム事業の今後は不透明なままになっています。

八ッ場ダム事業認定申請に関する公聴会が6月26日(金)、27日(土)に開催

2015年5月26日
カテゴリー:

八ッ場ダム事業認定申請に関する公聴会が6月26日(金)、27日(土)に東吾妻町コンベンションホール ふれあいの館で開かれます。

 八ッ場あしたの会のHP http://u666u.info/ldYo および

 国交省のHP http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/land_expropriation/sosei_land_fr_000345.html をご覧ください。

 予想外に早い展開です。事業認定庁が同じ国交省だから、関東地方整備局からの要望でスピードアップしているようです。

公の場で八ッ場ダムの問題を指摘し、関東地方整備局に対して質問をぶつけることができます。(人数の枠を超えた場合は公述人になれないことがあります)

 私(嶋津暉之)も公述申出書を提出し、6月26日に口述しましたました。公述申出書と、公述に使用したスライドを参考までに掲載します。

公述申出書(嶋津暉之) 227KB

公述申出書の別紙1(嶋津暉之) (意見) 2.31MB

公述申出書の別紙2(嶋津暉之) (起業者への質問)292KB

公述のスライド20150626(嶋津暉之) 4.26MB

公聴会

六月二十六日(金)十三時三十分~二十時頃

六月二十七日(土)十時十五分~十八時頃

場所:岩櫃(いわびつ)ふれあいの郷 東吾妻町コンベンションホール ふれあいの館

 (JR吾妻線・群馬原町駅から徒歩10分)

公述の申出は五月二十六日(火)までで、メール、FAX、郵便、持参のいずれかです。

郵便の場合は五月二十六日必着になっています。

公述の申出書の様式は上記の国交省HPに載っています。

問い合わせ先及び送り先

 国土交通省総合政策局総務課土地収用管理室

〒一〇〇-八九一八 東京都千代田区霞が関ニの一の三

電話〇三(五二五三)八一一一(内線二四一五六)

FAX 〇三(五二五三)一五四六

電子メールアドレス expr-eco@mlit.go.jp

八ッ場ダム建設工事の事業認定申請に対する意見の提出について

2015年4月25日
カテゴリー:
国土交通省関東地方整備局は八ッ場ダム建設工事に関する事業認定申請を4月10日に発表しました。http://suigenren.jp/news/2015/04/11/7154/
この申請を国土交通大臣が認定し、事業認定の告示が行われると、八ッ場ダムの水没予定地などの事業用地の強制収用が可能になります。
この事業認定申請に対しては、どなたでも八ッ場ダム事業の是非、問題点についての意見書を提出し、公聴会の開催を請求できます。
八ッ場ダムの事業認定申請書等の公告・縦覧が4月13日から長野原町役場で始まりました。
公告・縦覧期間は4月27日までの2週間となっており、この間に意見書を提出し、公聴会の開催を請求しなければなりません。
詳しくは、八ッ場あしたの会のホームページ http://yamba-net.org/ をご覧ください。
事業認定申請書、意見書提出や公聴会開催請求の方法・提出先は、同会の http://u111u.info/kkDb  をご覧ください。
意見書の作成例も 同会の http://u111u.info/kkDf  に掲載されています。
水源連の嶋津が提出した意見書は 八ッ場ダム事業認定申請への意見書(嶋津暉之) のとおりです。
是非、多くの方が意見書の提出や公聴会の開催請求を行っていただきたいと思います。

八ツ場ダムの事業認定申請 国交省、強制収用向け

2015年4月11日
カテゴリー:
関東地方整備局・八ッ場ダム工事事務所は4月10日に八ッ場ダム建設工事の事業認定の申請を行いました。(事業認定庁は国土交通省本省)
関東地方整備局のHP  一級河川利根川水系八ッ場ダム建設工事の事業認定の申請
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/yanba_00000047.html
近日中に申請の内容が長野原町役場で公告縦覧されます。
 公告縦覧の期間は2週間です。
 その期間内であれば、どなたでも、意見書を提出し、公聴会の開催を求めることができます。

群馬)八ツ場ダムの事業認定申請 国交省、強制収用向け
(朝日新聞群馬版2015年4月11日) http://digital.asahi.com/articles/ASH4B4QNSH4BUHNB00C.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH4B4QNSH4BUHNB00C
国土交通省は10日、八ツ場ダム(長野原町)建設事業について、土地収用法に基づく事業認定を国土交通相に申請した。残る未買収地の取得手続きの一環で、認められれば、所有者の同意なしで強制的に土地を取得することが可能になる。
国交省八ツ場ダム工事事務所によると、3月末までに、水没予定地を含む計画予定地約301ヘクタールのうち、93%にあたる約281ヘクタールを取得した。
10日に提出した申請書では、予定地にある290戸のうち、284戸が移転済みとしている。残る土地は、所有者が買収に応じていないもののほか、所有者の所在が分からず買収交渉ができない場合も含んでいるという。
国交省はダム本体工事を今年1月に着工した。18年9月にかけて本体や水門設備を造った上で、18年9月以降に試験的に水をためる計画だ。ただ、すべての土地を取得できていなければ水はためられない。
このため、国交省は工事と平行して土地収用法に基づき、未買収地の強制収用に向けた手続きに入った。事業認定を国交相に申請し、公共性が高い事業と認定されれば、県収用委員会の審理と補償金の支払いを経て強制収用が可能になる。
申請に必要な事業説明会を1月24日に長野原町で開いていた。
工事事務所は「いまも住んでいる方には丁寧に説明し、用地取得に向け交渉を進めたい」としている。
国交省の申請を受けて、川原畑地区の水没予定地に住む高山彰さん(61)は10日、「ダムに反対しているわけではないが、生まれ育ったふるさとは納得して離れたい」と話した。
高台の代替地への移転を検討しているが、国交省との協議は進んでいない。
「代替地の安全性について説明を求めているが、きちんとした回答がない。その中で土地収用の手続きだけ進めるのは納得できない」と語った。(井上怜)

強制収用可能に「八ッ場」で申請 国交省
(東京新聞社会面2015年4月11日)
群馬県長野原町の八ッ場ダムをめぐり、国土交通省は十曰、強制収用を可能とする土地収用法に基づいた事業認定を国交相に申請したと発表した。
国交省はダム完成に向け、所在不明の地権者が多数いる共有地の取得を目指す。
事業が認定され次第、強制収用の対象となる土地ヘの立ち入り調査などを経て、群馬県収用委員会に申立てる見通し。
国交省によると、三月末までに事業に必要な土地の約93%を取得した。
連絡の取れる地権者の土地については、引き続き任意取得を進める。
国交省は一月、事業認定の申請に向けて地元住民らへの説明会を行つたが、参加者からは「唐突すぎる」などと不満の声が上がっていた。
八ッ場ダムは利根川支流の吾妻川に建設する多目的ダム。民主党政権下で一時凍結されるなどしたが、国交省は一月、本体工事に着手した。

八ッ場ダム:強制収用へ手続き 工事で国交省 /群馬
(毎日新聞群馬版 2015年04月11日)http://mainichi.jp/area/gunma/news/20150411ddlk10010229000c.html
国土交通省関東地方整備局は10日、長野原町に建設中の八ッ場ダムの工事について、土地収用法に基づく事業認定の申請をしたと発表した。
既に用地の9割以上を買収しているが、「地権者が所在不明のケースもある」として、強制収用が可能となる土地収用法の適用に向けた手続きを始めた。
1月24日には法律で義務づけられた事業説明会を長野原町で開いたが、約300人に説明会開催を通知したのに対し、出席者は約60人にとどまっていた。【角田直哉】

八ッ場ダム土地収用へ事業申請
(NHK 2015年04月10日 20時25分)http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1066818931.html?t=1428671270097
(動画)
本格的な工事が始まっている群馬県の八ッ場ダムについて、工事を管理する国土交通省関東地方整備局は、建設予定地のうち用地の取得が済んでいない土地の強制的な収用も可能になる手続きを行うため、「事業認定」の申請を国土交通大臣に行いました。
群馬県長野原町で、ことし1月から本格的な工事が始まっている八ッ場ダムは、ダムの建設に伴って水没するおよそ93%の土地の取得が終わっています。
しかし、残り7%の土地については、地権者の行方が分からなかったり、交渉が進まなかったりして、取得できていません。
こうした土地について、工事を管理する国土交通省関東地方整備局は強制的な収用も可能になる手続きに必要な「事業認定」の申請を国土交通大臣に行いました。
この「事業認定」は、公共性の高い事業を行うために土地を強制的に収用できるとする「土地収用法」を進めるに必要な手続きで、国土交通大臣の認定を受ければ、群馬県の収用委員会の審理などを経て、土地の明け渡しと地権者への補償金の支払いが行われるということです。
関東地方整備局は「地権者との話し合いで用地を取得することを第一に考えているが、地権者の分からない用地もあるため、事業認定の申請を行った」と話しています。
八ッ場ダムは、平成31年度中に完成する予定です。

八ツ場ダムで土地強制収用へ 国交省が事業申請
(産経新聞 2015.4.10 20:13)http://www.sankei.com/politics/news/150410/plt1504100033-n1.html   .
群馬県長野原町の八ツ場ダムをめぐり、国土交通省は10日、強制収用を可能とする土地収用法に基づいた事業認定を国交相に申請したと発表した。国交省はダム完成に向け、所在不明の地権者が多数いる共有地の取得を目指す。
事業が認定され次第、強制収用の対象となる土地への立ち入り調査などを経て、群馬県収用委員会に申し立てる見通し。
国交省によると、3月末までに事業に必要な土地の約93%を取得した。連絡の取れる地権者の土地については、引き続き任意取得を進める。
国交省は1月、事業認定の申請に向けて地元住民らへの説明会を行った。
八ツ場ダムは利根川支流の吾妻川に建設する多目的ダム。民主党政権下で一時凍結されるなどしたが、国交省は1月、本体工事に着手した。総事業費は約4600億円で2019年度に事業完了の予定。

八ッ場ダム工事、17ヵ月の短縮予定が7カ月短縮に

2015年3月7日
カテゴリー:

八ッ場あしたの会が昨年秋に国交省関東地方整備局に二つの公開質問書を提出しました。八ッ場ダム本体工事の工期に関する公開質問書と、八ッ場ダムの付替え国道の変形に関する公開質問書です。
ようやく、国土交通省からの回答が出ましたので、3月5日に八ッ場あしたの会がその回答とコメントを記者発表しました。
そのうち、、八ッ場ダム本体工事の工期に関する質問の回答を朝日新聞が取り上げましたので、その記事をお送りします。
昨年8月の本体工事の落札では工期が17か月短縮されるとなっていましたが、今回の回答では7カ月短縮になっています。
さらに、本体工事はもっと遅れる様相を呈しています。この記事では左岸の掘削は今年1月に着手したとなっていますが、実際は火薬の詰め具合を調整する発破作業にとどまっており、実際にいつから本格的な掘削工事になるのか、分からない状況です。
八ッ場あしたの会が出した二つの公開質問書とその回答、コメントは八ッ場あしたの会のHPでご覧ください。

◇八ッ場ダム本体工事の工期に関する公開質問への国交省回答について http://is.gd/WGmZaf

◇八ッ場ダムの付替え国道の変形に関する公開質問への国交省回答について http://is.gd/UrDFB7

◆八ッ場ダム 工期前倒し幅縮小 (朝日新聞群馬版 2015年03月06日)  http://www.asahi.com/area/gunma/articles/MTW20150306100580001.html

八ツ場ダム(長野原町)の本体工事で、入札時に業者が514日間(約17カ月)と提案した工期短縮が関連工事の遅れなどで約7カ月の短縮にとどまる見込みになっていたことが分かった。
国土交通省はこの遅れを加味しても2019年度中に完成するとしている。
計画見直しを求める市民団体「八ツ場あしたの会」が5日、国交省に出した公開質問の回答を公表した。
回答や同省八ツ場ダム工事事務所によると、本体工事を受注した清水建設などの共同企業体(JV)は入札時に同省の標準案より「工期を514日短縮する」と提案。
入札額で他のJVと同額だったが、大幅な工期短縮が評価されて落札した。
しかし、本体工事の前提の「仮締め切り」工事の遅れや契約になかった掘削工事の追加により、昨年11月ごろを予定していた吾妻川右岸の基礎掘削工事の開始は今年8月ごろにずれ込む見込みという。
左岸の掘削には今年1月に着手した。
JVは昨年11月、遅れを織り込んだ施工計画書を提出した。基礎掘削の後のコンクリートを流し込む工事の完了は18年5月ごろを見込んでいる。この完了時期は国交省の標準案では18年12月ごろとされていた。 (井上怜)

1 / 912345...最後 »

↑ このページの先頭へ戻る